シミに効くピーリング!ケミカルピーリングと自宅ピーリングは効果が違う?

ケミカルピーリングと自宅ピーリング イメージトップ

ピーリングには、シミやくすみ、ニキビやシワなど、あらゆる肌悩みを改善する効果があると言われています。そんな噂を耳にすると、一度はやってみたいと思いませんか?

ピーリングには、自宅でおこなうホームピーリングと、クリニックでおこなうケミカルピーリングがありますが、実際にピーリングをやるとしたら、いったいどちらが良いのでしょうか?

今回は、ケミカルピーリングと自宅ピーリングの効果や副作用、費用などの違いを調査してみました。

さらに、ホームピーリング用のおすすめアイテムも紹介していきますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

ピーリングとは?

ピーリング

ピーリングってよく聞く言葉ですが、具体的にどのようなものかご存知ですか?

ピーリングとは、肌の表面にたまった古い角質を取り除いてきれいにすることを言います。

ターンオーバーが滞っている肌
ターンオーバーが滞っている肌

本来なら28日周期で生まれ変わるはずの肌表面の細胞ですが、老化や生活習慣の乱れ、日焼けなどの外的ストレスにより周期が遅れてしまいます。ターンオーバーのサイクルが滞ると、以下のような肌トラブルにつながります。

[ターンオーバーの乱れで起こるトラブル]

・シミ、そばかす、くすみ
・ニキビ、ニキビ跡
・毛穴の開き、黒ずみ
・シワ、たるみ
・肌のごわつき
・乾燥

ピーリングすることで、肌の新陳代謝が活性化し、ターンオーバーを肌本来の正常な状態に整える効果が期待できます。

ターンオーバーが正常な肌
ターンオーバーが正常な肌

正常にターンオーバーすることで角質とともにメラニンも除去され、シミ・そばかすができにくくなります。

また、ニキビの原因となる汚れや菌も除去されるので、ニキビでお悩みの方にもおすすめです。さらに、シワや毛穴の開きや黒ずみの改善にも効果的です。
 

ケミカルピーリングとホームピーリングの違い

ピーリング イメージ

ピーリングには、クリニックでおこなうケミカルピーリングと、自宅で行うホームピーリングがあります。

クリニックでおこなうケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を使い、肌表面の古い角質や毛穴の老廃物を溶かすピーリング方法です。プロがその人の肌質にあわせて酸や塗布時間を調整してくれるので、効果の高い施術を受けられます。

一方、ホームピーリングは、自宅で市販のピーリンググッズ(石鹸やジェルなど)を使い、自分自身でピーリングをおこないます。ホームピーリングで使用する商品は安全を考慮しているため、クリニックのケミカルピーリングに比べて効果が緩やかですが手軽に使用することができます。

本気でシミやそばかす、ニキビなどにお悩みの方はクリニックでのケミカルピーリングを、まずは安価で手軽に試してみたいという方にはホームピーリングがおすすめです。
 

ケミカルピーリング

それでは、肌の悩みをプロがしっかり解決してくれる、クリニックでのケミカルピーリングについて詳しくみていきましょう。

1.ケミカルピーリングの薬剤と特徴

ピーリングの薬剤 イメージ

ケミカルピーリングでは、酸性の薬剤を使って古くなった角質などのさまざまな老廃物を溶かします。

酸性というと肌に悪いイメージがあるかもしれませんが、通常ピーリングの際に使用するのは、AHAと呼ばれるフルーツ酸の一種と、BHAというサリチル酸です。

どちらも市販のスキンケア用品にも含まれる、おなじみの酸ですが、この2種類の酸は肌への作用が違うため、その人の肌質や悩みによって使い分ける必要があります。具体的な作用をみていきましょう。

AHA(アルファヒドロキシ酸)

AHAは、ほとんどがリンゴ酸やクエン酸といった天然由来のフルーツ酸でできています。AHAを肌に塗布することで、酵素が皮膚に浸透します。この酵素が角化細胞を溶かし、角質層を正常な状態に整えてくれるため、肌のごわごわ感をなくしてくれます。

また、真皮にまで酵素が到達すると、肌細胞を活性化し、コラーゲンの生成を促進してくれるという嬉しい効果も。このような作用から、AHAはシミ・そばかすや、くすみ、ニキビ対策に効果的だと言われています。

AHAは浸透しにくく、作用が比較的穏やかなため、火傷などを起こす心配もありません。肌への刺激が気になるという方は、まずはAHAから試してみるのがおすすめです。

BHA(ベータヒドロキシ酸)

BHAは、おもにサリチル酸でできており、溶剤としてアルコールも使われています。油溶性なので毛穴への浸透力が高く、毛穴の奥に溜まった皮脂も溶かしてくれます。そのため、重度のニキビやニキビ跡の色素沈着などのシミ、毛穴のしつこい黒ずみなどでお悩みの方におすすめです。

ただ、BHAは浸透力の高さゆえに連続して使用することができず、ある程度期間を空けて施術しないと肌を傷めてしまう原因となります。肌の状態によっては炎症や色素沈着を悪化させてしまう恐れもあるので、気をつけなければいけない成分です。

2.ケミカルピーリングの施術の流れ

ケミカルピーリングの流れ

では実際に、クリニックでのケミカルピーリングの流れについて解説していきます。

【1.カウンセリング】
まずは、肌の状態を医師が確認し、1人1人にあったおすすめの治療法を判断します。ケミカルピーリングは、炎症や火傷などの副作用のリスクがある治療法なので、気になることがあれば遠慮せずに相談しましょう。

【2.クレンジング】
メイクや肌表面の皮脂汚れをしっかり落とし、ピーリング剤の浸透を良くすることによって効果が上がるようにします。

【3.ピーリング薬剤の塗布】
いよいよピーリング開始です。肌の状態に合わせて、濃度やpH値を調整した薬剤を塗っていきます。塗布時間は5~10分ほどです。人によっては少しピリピリと感じることがあるようですが、強い痛みはないようです。

【4.中和】
タイミングを見て酸を中和して、ケミカルピーリングの反応をストップさせます。

【5.薬剤の拭き取り】
ピーリング剤を優しく拭き取っていきます。クリニックによっては、有効成分が浸透しやすくなっているピーリング後の肌にイオン導入をおこない、コラーゲンやビタミンC誘導体などを導入するところもあります。シミでお悩みの方はイオン導入まで受けた方が効果が上がります。

【6.保湿】
保湿剤を塗ったり、パックをして保湿をします。ここでしっかり保湿をすることが大切です。

【7.帰宅】
施術の時間はトータルで1時間ほどです。施術当日にメイクをすることは可能な場合が多いようですが、クリニックによっては翌日からのところもありますので確認が必要です。

【8.術後のケア】
赤みや火照りが数日続く場合がありますが、薬などは塗らずに優しく保湿することが大切です。また、ピーリング後の肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線対策をしっかりおこなうようにしましょう。

3.ケミカルピーリングにかかる費用

ケミカルピーリングの費用

ケミカルピーリングにかかる費用は、通常1回5千円前後が相場で、高くても2万円くらいです。クリニックによって薬液も値段も変わりますので、よく調べて自分に合うところを探しましょう。

また、ケミカルピーリングは1回だけで完結することはほとんどなく、シミの場合には10回程度受ける人が多いようです。クリニックによっては、回数パックで安くなるところもあるので、有効活用したいですね。

4.ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングの注意点

ケミカルピーリングを受けるうえでの注意点があります。クリニックでのピーリングは、強めの薬剤を使用するため、肌荒れや跡が残るなど、肌の状態が悪化することにもなりかねません。次の点に気をつけましょう。

施術前の注意点

施術前にしてはいけないことが意外とたくさんあります。まず、1か月以内に施術部位のレーザー脱毛やワックス脱毛をした方はNGです。他にも、薬剤を使った療法をしている場合は時間を空けましょう。また、2週間以内に過度の日焼けをした方も施術を受けることができないので注意しましょう。前日は顔剃りやスクラブ洗顔、パックなどは禁止です。

施術後の注意点

ケミカルピーリング後には、火照りや赤みなどの熱感や、乾燥、吹き出物などの症状がでる場合があります。そのような時は刺激を避けて、しっかり保湿しましょう。数日で治まらない場合や水ぶくれや炎症がでた際には、医師に相談しましょう。また、日焼けは厳禁です。ピーリング後は、肌が敏感な状態になっているため、シミが悪化する原因になります。

ケミカルピーリングが受けられない人

妊娠中、授乳中の方は、ケミカルピーリングが受けられません。また、アトピー肌や敏感肌の方も肌が荒れてしまう可能性が高いので避けましょう。

その他にも、施術部位に傷があったり、ヘルペス、結膜炎などの感染症がある方もNGです。完治してから施術を受けるようにしてください。

5.ケミカルピーリングのメリット・デメリット

ケミカルピーリングのメリット・デメリット

ケミカルピーリングについて、おおよそお分かりいただけましたでしょうか?

クリニックでおこなうケミカルピーリングのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

 メリット

・ホームケアと比べて高い効果が出やすい
・シミやニキビ跡などの悩みを根本的に改善できる
・シワやたるみなどのエイジングケアにも効果的
・様々な悩みをトータルケアすることができる
・医師のもとで安心して受けることができる
・ダウンタイムがほとんどない

× デメリット

・ホームケアと比べて費用が高い
・一回で完了せず、何回か施術を受ける必要がある
・施術中に痛みを感じることがある
・やりすぎると肌を痛めることがある
・日焼けや乾燥対策など、施術前後のケアに手間がかかる

医師の指導のもとに施術を受け、注意点を守りながらしっかりとケアをおこなえば、高い効果が期待できるのがケミカルピーリングです。
 

自宅でできるホームピーリング

続いては、自宅で気軽にできるホームピーリングの種類ややり方、注意点等について詳しく説明していきます。

1.自宅ピーリングの種類とおすすめアイテム

自宅ピーリングのイメージ

自宅でおこなうホームピーリングには、おもに6種類の方法があります。それぞれの特徴とおすすめ商品についてご紹介します。

スクラブ洗顔料タイプ

スクラブ洗顔は、つぶつぶの粒子入りの洗顔料で顔を洗うことです。こんにゃくや塩などの成分でできたつぶつぶの粒子が、肌に残ったままの固くなった余分な角質を落とし、肌をきれいにすることができます。

粒子が毛穴の角栓もきれいに掻き出してくれるので、毛穴の黒ずみや皮脂汚れが気になる方に特におすすめです。ただし、スクラブ粒子は刺激があるので、ニキビのひどい方や敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル Hot&Peel
シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル Hot&Peel
スクラブ洗顔料タイプのおすすめ商品は「シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル Hot&Peel」です。

メイク落としとスクラブ洗顔と導入美容液の3ステップが1つになった洗顔料で、人気口コミサイトで2冠を達成しています。

メイク落としとスクラブ洗顔が同時にできるので時短になります。また、温感マッサージで毛穴を温めてほぐしてくれるので、毛穴の汚れがとれやすい状態でスクラブすることができ、とてもすっきりしますよ。7種の導入美容成分配合で洗顔後のスキンケアがしっかり浸透する嬉しい効果もあり、おすすめのクレンジングゲルです。

特別価格1,800円(税込)&送料無料

 

洗顔石鹸タイプ

こちらは固形の石鹸タイプで、おもにAHAを配合しているものが多く市販されています。

優しく洗顔するだけで肌表面の古い角質を落としてくれるので、気軽に使うことができます。ピーリングが初めてでどのタイプが良いかお悩みの方、刺激性が気になる方などにおすすめです。ただ、毎日使用すると乾燥をまねく恐れがあるので、週に2回ほどの使用がおすすめです。

スキンピールバー
スキンピールバー
洗顔石鹸タイプでおすすめの商品は「スキンピールバー」です。

全国3000店ものクリニック向けのケミカルピーリングをサポートしているメーカーが、自宅用に開発したピーリング石鹸です。AHAの濃度の強さや肌の状態、悩みにあわせて、4種の石鹸から自分に合ったものを選ぶことができます。メレンゲのようなもこもこの泡で、優しく肌を洗いながらピーリングすることができます。

【トライアルセット】
1,296円(税込)&送料無料

 

マッサージして角質を剥がすタイプ

いわゆるピーリングジェルでマッサージをして落とすタイプがこちらです。

洗顔後に肌にジェルをのせて優しくくるくるとマッサージすると、ポロポロと消しゴムのカスのようにジェルが固まりながら、一緒に古い角質を絡めとって落としていきます。老廃物が肌から浮き出てくる感覚が実感できるのがやみつきになります。30秒くらいマッサージして洗い流すだけなのでお手軽にピーリングができます。ただし、摩擦刺激が肌に負担を与えることにもなりかねないので、擦り過ぎないように注意しましょう。

ぽろぽろとれる杏ジェル
ぽろぽろとれる杏ジェル
マッサージして角質を落とすタイプでおすすめの商品は「ぽろぽろとれる杏ジェル」です。

杏を使用した自然派ピーリングなので肌に優しく、杏のほのかな香りにも癒されて心地よくマッサージすることができます。洗顔だけでは落としきれない汚れや角質を杏ジェルでマッサージすることできれいに落とし、すべすべでむき卵のようなつるんっとした肌になれると評判です。

【ボーナスコース】
通常価格3,240円が⇒2,700円(税込)

 

拭き取る化粧水タイプ

AHAやBHAなどのピーリング成分が入った化粧水をコットンに浸し、肌表面を拭き取ることで余分な角層を取り除いていくタイプです。

くすみやざらつきが取れるので、つるつると透明感のある肌を目指す方におすすめです。ただ、敏感肌の方は、時折ピリピリした痛みを感じたり、コットンで肌をこすりすぎると摩擦で肌を傷める原因にもなりかねないで、十分に注意しながら使用してください。

薬用アシィドローションEX
薬用アシィドローションEX
拭き取り化粧水でおすすめの商品は「薬用アシィドローションEX」です。

グリコール酸とサリチル酸の2種のピーリング成分が、しつこい大人ニキビや毛穴トラブルなどの悩みを撃退してくれます。特にサリチル酸はニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑える効果があるので、繰り返すニキビにお悩みのかたにおすすめです。

通常価格4,860円が↓↓
初回限定2,430円(税込)&送料無料

 

塗りっぱなしにする美容液タイプ

1番手軽に使えるのが塗りっぱなしにする美容液タイプです。いつもの美容液を週に数回置き換えるだけで、毛穴のない透明感のある肌に導いてくれます。即効性は感じにくいですが、肌に優しい使い心地なので、敏感肌の方はもちろん、ピーリング初心者の方や、あらゆる方におすすめです。

ビーグレン Cセラム
ビ―グレン Cセラム
美容液タイプのおすすめ商品は「ビーグレン Cセラム」です。

15年間もロングセラーのリピーターが多い美容液で、ビタミンCを配合した美容液の中でも浸透力が非常に高く、効果を実感しやすいことが人気の秘密です。皮脂バランスを整えつつ、透明感を引き出してくれて、シミ、くすみ、シワ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡などトータルでケアしてくれるので、エイジングケアにおすすめの商品です。

お試し用は↓↓
【ホワイトケアトライアルセット】
6,935円相当が⇒1,944円(税込)

 

塗って洗い流すタイプ

クリニックで使用するようなピーリングに近い成分で、しっかりとピーリングできるのが塗って洗い流すタイプです。他のものに比べると少し手間はかかりますが、短時間で効果が得られるので、即効性を重視する方におすすめです。刺激は強めで、ピリピリと感じるものが多いので、敏感肌の方は十分に注意して使用しましょう。

セラ MDピーリングキット
セラ MDピーリングキット
塗って洗い流すタイプでおすすめの商品は「セラ MDピーリングキット II」です。

皮膚科のニキビケアとして登場したピーリングを家庭で使えるようにしたものですが、グリコール酸が12%も入っているので、しっかりとピーリング効果を感じられます。毛穴やニキビの改善はもちろん、使い続けることで肌の弾力をアップする効果もあります。

4,860円(税込)

 

2.自宅ピーリングのやり方

自宅ピーリングのやり方

6種のピーリングをご紹介しましたが、種類によって使うタイミングややり方が違います。正しいやり方で肌に優しいピーリングをしましょう。

洗顔時に使用するタイプ

普段の洗顔料と置き換えて使用しましょう。クレンジング機能が含まれているものと、そうでないものがあるので、使う前にはしっかりチェックしましょう。クレンジング機能がないものは、メイクを落とした後の洗顔の際に使用します。強くこすり過ぎず、しっかりと泡立てて優しく洗うようにしましょう。洗顔後はしっかりと化粧水やクリームを肌に浸透させて乾燥を防いでくださいね。

・スクラブ洗顔料タイプ
・洗顔石鹸タイプ

 

スキンケア前に使用するタイプ

洗顔後、普段の化粧水を使う前に使用します。あくまでピーリング目的なので、パッティングするのではなく、コットンで肌表面を拭き取るようにして使用しましょう。その後、通常の保湿用の化粧水などで保湿をおこないます。

・拭き取る化粧水タイプ

 

洗い流しが必要なタイプ

洗顔後の素肌に使用するタイプのピーリングです。マッサージタイプは肌の上で優しくマッサージした後に洗い流して、通常の保湿をしましょう。

塗って洗い流すタイプは、塗った後に数分(規定の時間)放置して、こちらも優しく洗い流しましょう。どちらもその後に洗顔料での洗顔は不要です。

肌が乾燥しやすい状態になっているので、しっかり保湿をするようにしてください。

・マッサージして角質を剥がすタイプ
・塗って洗い流すタイプ

 

3.自宅ピーリングの注意点

自宅ピーリングの注意点

使用頻度を守る

自宅でおこなうピーリングは、クリニックのピーリングに比べて刺激が弱いとはいえ、やり過ぎは禁物です。塗って洗い流すタイプやマッサージタイプは週に1度くらいの頻度にしましょう。その他のピーリングも商品に記載してある使用頻度を守るようにして、毎日は使用しないようにしてください。また、1回に時間をかけ過ぎたり、力を入れ過ぎても肌を痛める原因となります。

副作用に注意する

肌の状態が悪い時や、敏感肌、乾燥肌の人は副作用がでやすいので気をつけましょう。赤みがでたり、肌がひりひりする、化粧水がしみるなどの症状が表れた場合は、すぐに使用を中止して様子をみるようにしてください。肌の状態が良くなってから再度試すようにしましょう。

ピーリング後のケアは必須

ホームピーリングも保湿対策と日焼け対策は必須です。乾燥しやすくなっているので、いつもよりしっかりと保湿するように心がけ、外にでる際は日焼け止めや日傘などで紫外線をシャットアウトして直射日光が当たらないようにしてください。
 

4.自宅ピーリングのメリット・デメリット

自宅ピーリングのメリット・デメリット

ホームピーリングもおこなう際には注意が必要ですが、自宅で手軽に、安価に、低刺激でピーリングをおこなうことができます。自宅ピーリングのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

 メリット

・安価で気軽に試しやすい
・自宅で手軽にできるので、自分のペースで続けやすい
・クリニックのピーリングよりも低刺激でトラブルが起こりにくい

× デメリット

・効果がゆるやかで物足りないこともある
・肌の状態など自己責任で管理が必要

 

ピーリングのまとめ

ケミカルピーリングと自宅ピーリング02

さまざまな肌トラブルを改善してくれるピーリングですが、クリニックでおこなう場合と自宅でおこなう場合での効果や刺激性、費用などの違いについてお分かりいただけたでしょうか。

これらのことからも、ピーリングが初めての方は安全で手軽な自宅でのホームピーリングが、より高い効果を求める方にはクリニックでおこなうケミカルピーリングがおすすめです。

それぞれ正しいやり方で肌の様子をみながらおこなえば、肌トラブルの改善が期待できます。ピーリングにチャレンジしてみたいという方は、自身に合った方法を探してみてくださいね。