気になるシミもメイクでバッチリ!上手に隠すポイントを紹介

シミを上手に隠すメイク法

「シミをキレイに隠したい」

でも、コンシーラだけでシミを隠そうとすると、厚塗りになってメイクが寄れてしまったり、逆にカバー力が足りなくていつの間にかシミが目立っていた、なんてことありませんか?

シミをメイクで上手に隠すためには、コンシーラーだけじゃなく、その前後のメイクも重要になってきます。

そこで、今回はコンシーラーだけに頼らず、シミを上手に自然に隠すメイク方法を詳しく解説していくとともに、おすすめのアイテムもご紹介していきます。

シミ隠しにおすすめアイテム

シミ隠しにおすすめのファンデーション3選

◆とろけるように肌に伸びてシミをカバー◆
【1】マナラ BBリキッドバー

◆24時間うるおって崩れない◆
【2】ヴィー スティックウェルファンデーション

◆ナチュラルな美肌になれる◆
【3】シルキー モイスト ファンデーション

※商品名をクリックすると、該当商品へジャンプすることができます。

 

シミを上手に隠すメイクのポイント

シミ隠しのメイクポイント

シミを上手に隠すメイクのポイントは、ずばりコンシーラーだけに頼り過ぎないことです。

コンシーラーだけでシミを隠そうとすると、厚塗りになって自然な仕上がりにならないだけじゃなく、化粧崩れの原因にもなってしまいます。

コンシーラーだけでシミを隠そうとするのはNG

シミのできかたによっては、コンシーラーを多用しない方が上手に隠せる場合があります。詳しくは、後の項目”メイクの手順”の部分でお話ししますね。

その前に、続いてはシミ隠しにおすすめのメイクアイテムの選び方について解説していきます。
 

シミ隠しにおすすめのファンデーション

ファンデーションとコンシーラー

シミをしっかり隠すためには、まずファンデーション選びが重要です。

ファンデーションもコンシーラーもいろんなタイプのものがありますので、特にシミ隠しにおすすめのタイプをご紹介します。
 

ファンデーションはクリームタイプかリキッドタイプ

リキッドファンデーション

メイクでシミを上手に隠したいなら、カバー力の高いクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

ファンデーションはクリームタイプかリキッドタイプが◎

クリームタイプや、リキッドタイプのファンデーションは、保湿剤が配合されていて伸びが良く、トリートメント性も高いので、肌の乾燥を防いでシミ予防にもつながりますよ。
 

ファンデーションの色選びのコツ

ファンデーションの色選び

ファンデーションの使い心地ももちろん大切ですが、なによりも重要なのは、自分の肌の色に合った色選びをすることです。

ファンデーション選びで陥りがちなのが、顔色で選んでしまい、首の色が暗過ぎて顔が白浮きしてしまうというパターンです。

つまり、ファンデーションは、顔色で選ぶのではなく、首と頬の境のフェイスラインで選ぶようにしましょう。

NG:ファンデーションを顔色で選ぶ

OK:首と頬の境のフェイスラインで自然な肌の色を選ぶ

 

おすすめのファンデーション3選

マナラ BBリキッドバー

◆とろけるように肌に伸びてシミをカバー◆

マナラ BBリキッドバー

SPF35 ・ PA+++
2色 標準 / 明るめ
通常価格3,672円⇒初回限定価格2,937円(税込)

スティックタイプのような見た目でありながら、とろけるようにスルスルと肌に伸びて、シミや毛穴を素早くカバーしてくれるのがマナラの「BBリキッドバー」です。

年齢を重ねるごとに、くすみがちな肌の血色もアップしてくれるので、若々しく明るい印象に見せてくれますよ。さらに、美容液成分94%配合で、一日中うるおうツヤ肌が続きます。

マナラ BBリキッドバー使用画像
シミ・毛穴をカバーしながら、肌の透明感やツヤをアップしてくれる仕上がりに

◆実際に使用した方の口コミ◆

口コミ05
  乾燥肌
もっと早く試しておけば良かった
★★★★★
【30代/女性】
これ最高ですね!
まず、カバー力がすごい。私はファンデーションによって毛穴落ちするんですが、毛穴落ちどころかしっかり毛穴をカバーしてくれます。
次に、かなり薄付き。スルスルと薄くついて、軽いつけ心地なのが楽でいいです!でもしっかり薄膜一枚張ったかのようなカバー力。
そして、色補正もしっかりしてくれます。赤みが出やすいところも、コンシーラーのように使えます◎
色白なので明るい方を使用していますが、試した後でも合わなければ返品できるというのも、誠実で良いですね!
もっと早く試しておけば良かった…と後悔したアイテムでした!
口コミ07
  普通肌
自然とシミがカバーされる
★★★★★
【20代/女性】
薄付きなので厚塗り感もなく、自然とシミ・毛穴がカバーされました。
肌への圧迫感もないですし、顔の赤みも抑えられています。
シミが悩みで今までコンシーラーを別に使っていましたが、BBリキッドバーならコンシーラーの役割もあるのでとっても手軽です!
[商品の特徴]
・紫外線防止効果 SPF35・PA+++
・ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体などの美白成分配合
・コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの美容液成分配合
・スポンジ&スキンケアセット付き
・色交換OK(商品到着後8日以内)
・全額返金保証(商品到着後45日以内)
・送料無料

 

スティックウェルファンデーション

◆24時間うるおって崩れない◆

スティックウェルファンデーション

SPF30 ・ PA++
3色 オークル / ナチュラル / ライト
お得キャンペーン⇒ 初回限定価格2,990円(税込)

乳液・美容液・UVケア・化粧下地・ファンデーションの5つの機能がひとつになり、メイクしながらしっとり潤ってくれるのがヴィーの「スティックウェルファンデーション」です。

スティックウェルファンデーションの「Vフォースジェル」には、保湿成分を封じ込める働きがあるため、”潤う”と”崩れない”を両立させ、つけたての美しさを24時間キープします。

スティックウェルファンデーション使用イメージ

◆実際に使用した方の口コミ◆

口コミ01
  乾燥肌
とにかく崩れたくない人におすすめ
★★★★☆
【40代/女性】
私的にはこのファンデ、崩れなさ、ヨレなさでは最強でした!
お化粧水の後にすぐに使えるのも忙しい朝にはうれしい手軽さです。
仕上がりも密着感が良いので、毛穴をカバーし肌をキレイにみせてくれます。
とにかく崩れたくない人におすすめです。
口コミ02
  混合肌
夕方でも肌がきれいなまま
★★★★★
【30代/女性】
少しの量ですごく伸び、毛穴もカバーしてくれてびっくりしました。
ライトは肌の色に合っていたのですが、ナチュラルは私には若干濃く感じたのですが、伸ばしていくと気になりませんでした。
普段は朝つけて、お昼に化粧直しが必要なのですが、夕方でも化粧直しが必要ないくらい肌がきれいです。すごく気に入りました。
[商品の特徴]
・紫外線防止効果 SPF30・PA++
・美容液成分配合
・初回限定のお得なキャンペーンあり
・30日間全額返金保証
★お得キャンペーン★
・通常価格3,500円⇒2,990円(税込)
・通常価格1,480円のスポンジ(4P)[初回限定今だけセット]
・通常価格4,990円のエターナルホワイトゲル[初回限定今だけセット]
・送料無料
・休止、解約いつでもOK
・30日間全額返金保証

 

シルキー モイスト ファンデーション

◆ナチュラルな美肌になれる◆

シルキー モイスト ファンデーション

SPF22 ・ PA++
2色 ライトナチュラル / ナチュラル
初回限定特典付き⇒ 4,860円(税込)

美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・コントロールカラー・ファンデーションの1本7役の「シルキー モイスト ファンデーション」は、化粧水の後にこれ1本でベースメイクが完了しちゃう嬉しい時短メイクアイテムです。

カバー力があるのにナチュラルな仕上がりで、みずみずしさを保ちながら気になるシミや毛穴、くすみを1日中カバーしてくれますよ。
 

◆実際に使用した方の口コミ◆

口コミ04
  乾燥肌
1日中しっとりが続く
★★★★☆
【50代/女性】
これはいいです。
軽くナチュラルな感じで、1日中しっとりが続きます。
しかも、よく伸びるのでなかなか減りません。
仕上げにパウダーをササッと軽くつけておくと、ほとんど崩れません
口コミ08
  混合肌
シミもくすみも毛穴も気にならなくなった
★★★☆☆
【30代/女性】
ちょっとの量で、すーっと伸びて全体をカバーしてくれます。
シミもくすみも毛穴も、全部気にならなくなりました。
自然なツヤが出るので、素肌っぽくて肌がとてもキレイに見えます。
長時間つけてても、崩れませんでした。
保湿効果と日焼け止め効果が入っているのもいいですね♪
[商品の特徴]
・紫外線防止効果 SPF22・PA++
・美容液成分81%配合
・14種類の保湿成分配合
・紫外線吸収剤無添加
・パッチテスト済み
★初回限定5大特典★
・色の交換無料(商品到着後10日以内)
・全額返金保証(商品到着後10日以内)
・メイクアップスポンジ(2個)
・特製ミニファイル
・送料無料

 

シミ隠しにおすすめのコンシーラー

コンシーラーの種類

肌悩みを隠してくれるアイテムと言えば、やはりコンシーラーですよね。しかし、コンシーラーのタイプや色味によっては、シミやそばかす、ニキビなどに対して向き不向きがあります。ここでは、コンシーラーの種類別の特徴をおさらいしておきましょう。

コンシーラーの種類と選び方

コンシーラーの種類には、「スティックタイプ」や「クリームタイム」、「リキッドタイプ」などがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。カバー力にも違いがありますので、隠したいシミの大きさや濃さによって使い分けるようにしましょう。

種類 特徴 カバー力
スティックタイプのコンシーラー
スティックタイプ
リップのようになっている固形のタイプ。テクスチャが固く密着性があり、シミ・そばかすなどのカバー力が高い。


【おすすめ】
シミ・ニキビ・ニキビ跡
パレットタイプのコンシーラー
練り・パレットタイプ
肌に密着してくれる練りタイプはキープ力が高く、中でもパレットタイプは、複数のカラーがセットになっているので、色味の調整がしやすく、自分の肌の色に合わせやすい。シミやクマ・ニキビなどに合わせて調整できるという利点も◎


【おすすめ】
シミ・ニキビ・ニキビ跡・クマ
ペンシルタイプのコンシーラー
ペンシルタイプ
鉛筆のようになっているタイプで、油分少なめのコンシーラー。先が細いので、小さいシミ・そばかすや、唇の輪郭補正にもおすすめ。ただし、保湿力がないので、乾燥しやすい部分には不向き。


【おすすめ】
小さいシミ・そばかす
クリームタイプのコンシーラー
クリームタイプ
クリーム状になっているため、伸びが良く、広い面積をカバーするのにおすすめ。シミ・そばかす以外にも、毛穴のカバーなどにも向いている。


【おすすめ】
広範囲のシミ・そばかす・クマ
リキッド筆タイプのコンシーラー
リキッドタイプ(筆・ブラシ)
先端が筆ペンのようになっているタイプ。リキッド状なので、広範囲に伸ばしやすい。ヨレにくいので、動きのある目元や口元に向いている。盛り上がっているニキビなども悪目立ちさせず、なめらかに整えやすい。


【おすすめ】
薄いシミ・クマ・ニキビ
リキッドタイプのコンシーラー
リキッドタイプ(チップ)
リップグロスのように先端がチップ状になっているタイプ。リキッド状で塗りやすく、肌なじみが良い。


【おすすめ】
薄いシミ・クマ

 

コンシーラーの色選びのコツ

コンシーラーの色選び

「コンシーラーは、肌の色に合わせるの?それとも、シミの色に合わせるの?」そんな疑問をよく耳にします。

シミ・そばかすをカバーするうえでおすすめの色は、肌の色より少し暗めの色です。明るい色を使うと、かえってシミが悪目立ちしてしまう場合があるので、注意してください。

NG:明るい色

OK:肌の色より少し暗めの色、または肌と同じ色

また、シミやニキビ、クマなど、肌トラブルの内容によっても、コンシーラーの色選びは変わってきます。それぞれのおすすめの色は以下の通りです。こちらも一緒に覚えておくと重宝しますよ。

薄いシミ 薄いシミ隠しのコンシーラー
地肌に近い色または、やや暗めの色
濃いシミ・ニキビ跡 濃いシミ隠しのコンシーラー
地肌よりワントーン暗めの色
赤みのあるニキビ・ニキビ跡 赤み隠しのコンシーラー
補色(反対色)であるグリーン系やイエロー系
青クマ 青クマ隠しのコンシーラー
補色(反対色)であるオレンジ系やピンク系
茶クマ 茶クマ隠しのコンシーラー
地肌に近い色やイエロー系
黒クマ 黒クマ隠しのコンシーラー
地肌に近いベージュ系やオークル系または、やや明るめの色、パール系も◎

 

ムラなくキレイに!ベースメイクの手順

メイク手順イメージ画像

一般的にメイクは、自己流になってしまいがちなので、アイテムを持っているにも関わらず実は使い方がよく分からない、という方も多いようです。

「コンシーラーをファンデーションの前に使用している」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、シミ・そばかすを上手に隠すベースメイクの手順は、

1.ファンデーション
2.コンシーラー
3.ファンデーション(カバー力が足りない場合)
4.フェイスパウダー or パウダーファンデーション

となるのです。

それぞれについて、詳しく解説していきます。
 

ファンデーションを塗る手順

シミ・そばかすを隠すには、クリームファンデーションまたはリキッドファンデーションがおすすめです。

指またはスポンジに適量を取り、顔全体にムラなく伸ばしていきます。

ファンデーションのつけ方は、以下の手順を参考にしてください。

ファンデーションのつけ方の手順

ファンデーションの手順
1.頬
頬からスタートします。顔の中心から外側に向かって、スーッと伸ばします。反対側も同様に。

2.顎
顎にも伸ばしていきます。

3.おでこ
おでこの中心から上外側に向かって塗り広げます。

4.目・小鼻
残ったファンデーションで目のまわりや小鼻のわきにも伸ばします。

5.鼻筋・首筋
最後に残ったファンデーションで、鼻筋、首筋にも忘れずに伸ばします。

 

コンシーラーを塗る手順

ファンデーションの次は、コンシーラーの出番です。

シミ・そばかすを上手に隠したい方へのおすすめは、伸びが良く扱いやすいクリームタイプや、カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーです。

コンシーラーのつけ方の手順

コンシーラーの手順
1.コンシーラーをのせる
ファンデーションが塗り終わったら、コンシーラーを指または筆に取り、シミ・そばかすにのせます。この時、シミ・そばかすの大きさより、ひとまわり大きめに塗るようにします。
2.コンシーラーをなじませる
シミ・そばかすの上にのせたコンシーラーの”周り”をトントントン…と丁寧にぼかしていきます。コンシーラーをのせた真上はほとんど触らないようにします。隠した部分をぼかしてしまうと、せっかくカバーしたシミ・そばかすが見えてきてしまうので要注意です。
3.足りない場合は再度ファンデーション
「1.ファンデーション→2.コンシーラー」が終わったところで、気になるシミ・そばかすがしっかり隠せているか確認しましょう。カバーが足りない場合は、追加で「3.ファンデーション」をその部分のみにのせます。この時も、指や筆を使ってのせ、”周り”をやさしくぼかします。

 

スティックタイプのコンシーラー

★敏感肌にも安心のオーガニックのコンシーラー

肌への負担が少ないうえに、シミなどのカバー力も高く、何度重ねてもキレイに仕上がるので、化粧直しが楽なところも嬉しいポイント。

10min ミネラルスティックファンデ
10min ミネラルスティックファンデ
厳選された自然の恵みにこだわったオーガニックコスメの「10min ミネラルスティックファンデ」は、20種類以上の天然美容成分を凝縮したモイストファンデなので、くすみや乾燥などの肌悩みにも最適です。

5,500円(税抜)

 

最後はパウダーで仕上げる

最後に、ブラシやパフでフェイスパウダーもしくは、パウダーファンデーションをのせます。

しっかり仕上げたいなら「パフふんわり仕上げたいなら「ブラシがおすすめです。

パウダーのつけ方の手順

フェイスパウダーの手順
コンシーラーの部分→顔全体
顔全体にのせる前に、まずコンシーラーをのせた部分に軽く抑えるようにパウダーをのせて、それから全体に塗ります。そうすることで、コンシーラーでカバーした部分が落ちにくく、全体もムラなく仕上げることができます。

★最後はパウダーで仕上げることでメイクが崩れにくくなります。
 

濃いシミのメイクポイント

先述した方法では隠せないような濃いシミ・そばかすの場合は、メイクポイントが少し変わります

濃いシミ・そばかすを隠すベースメイクの手順は、次の通りです。

1.ファンデーション
2.コンシーラー
3.コンシーラー(数回繰り返す)
4.フェイスパウダー or パウダーファンデーション

濃いシミへのコンシーラーのつけ方の手順

コンシーラーの手順
コンシーラーを足してぼかす
濃いシミ・そばかすの場合は、「1.ファンデーション→2.コンシーラー」の後に「3.ファンデーション」ではなく、気になるシミ・そばかすがカバーできるまで「3.コンシーラーを足してぼかす」を繰り返していきます。

コンシーラーは指 or 筆で
スティックタイプのコンシーラーの伸びを良くしたい場合は、指や筆で使用するのがおすすめです。スティックタイプは、カバー力が高い反面、伸びが良くない傾向にあります。手の甲などに取って、それから指や筆に馴染ませていくと、伸びが良く、扱いやすくなります。
 

シミを増やさないための予防法

シミ・そばかすを増やさないためにも、今あるシミを濃くしないためにも、生活習慣の見直しスキンケアでしっかり予防していきましょう。

バランスの良い食生活を心がける

野菜

栄養の偏りは肌のターンオーバーが乱れる原因になり、シミを増やしてしまうことに。炭水化物に偏らないバランスの良い食事をするためには、野菜を賢く摂ることが大切です。

中でも、シミ・そばかす予防に役立つ抗酸化物質を含む野菜に注目しましょう。

ビタミンA・C・E」は、ビタミンエースと呼ばれ、抗酸化力の強いビタミンです。

ビタミンA かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、チンゲン菜、小松菜
ビタミンC カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、れんこん、じゃがいも
ビタミンE かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンド

 

質の良い睡眠をとる

シミの原因と対策 質の良い睡眠

肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時とよくいいますが、午後10時に寝るというのは、なかなか難しい話ですよね。

そんな時は、毎日の睡眠の質を高められるように日頃の行動を見直してみましょう。

眠りの質をアップするための美肌睡眠のコツをご紹介します。

【美肌睡眠のコツ】

1.就寝時間を一定させて、体内時計を整える

2.寝る前に入浴して体温を上げると、深い睡眠へ入りやすい

3.夜8時以降はカフェイン(コーヒーや栄養ドリンクなど)を摂らない

4.寝酒は逆効果になるので控える

 

美白化粧品でケアする

シミには、ハイドロキノンビタミンC誘導体などの美白化粧品の有効成分が効果的です。

今あるシミをこれ以上濃くしないためにも、新しいシミをつくらせないためにも、美白化粧品は欠かせない存在です。

そこで、シミに効くおすすめの美白化粧品を2アイテムご紹介します。

ビーグレン[ホワイトケア プログラム]
ビーグレン ホワイトケア プログラム
ビーグレンが着目したのは、濃くなったメラニンを薄くする美白成分「ハイドロキノン」。

ビーグレン独自の浸透技術「キューソーム」が美白成分を角層の奥まで、安定期に効果的に届けることによってシミやくすみを改善してくれます。

さらに、ソフトピーリング効果のある美容液でターンオーバーを促し、肌を健やかに整えてくれます。

お試し用は↓↓
ホワイトケア トライアルセット
6,422円相当⇒1,800円(税抜)

ビーグレンを使った方の口コミ

良い口コミ
  普通肌
小さいシミが薄くなってます
★★★★★
【30代/女性】
1ヶ月の使用で、くすみが取れたせいか透明感とハリが出てきました。
2ヶ月経った頃には、肝班のような色素沈着のような小さいシミが少し薄くなってるように感じます。
大きいシミはまだ変化はないですが、小さいシミが薄くなったからか沢山あったシミの数が減っている気がします。
ハイドロキノンで赤みが出たり刺激もなかったので、これからもリピします。

 

良い口コミ
  敏感肌
顔全体がトーンアップしました
★★★★★
【20代/女性】
そばかすが気になって購入しました。
クリームの伸びが良く、美白クリームとは思えない保湿力でした。敏感肌でもしみたりすることもなかったです。
使い始めて1ヶ月程でかなり薄くなってきて、顔全体がトーンアップした感じです。リピートします。

 

アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
皮膚の専門家が開発した美白化粧品「アンプルール」。

美白有効成分ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体が配合された薬用美白美容液にくわえ、安定型のハイドロキノン配合のスポット集中美容液のWケアで、顔全体のくすみやガンコなシミへの効果が期待できます。

お試し用は↓↓
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
6,500円相当が⇒1,890円(税込)

アンプルールを使った方の口コミ

良い口コミ
  乾燥肌
透明感ある肌になりました
★★★★★
【30代/女性】
お肌のくすみが飛んで、透明感ある明るいお肌になりました。
使っていると、日に日にきめ細かく、滑らかなお肌になっていくのを感じました。

 

良い口コミ
  混合肌
他の化粧品より一番シミに効く
★★★★★
【40代/女性】
口コミなどで効果が高いと評判だったのを見て購入しました。
気になるシミの部分のみに付けていたんですが、他のどんな美白化粧品よりも本当に一番シミが薄くなりました

 

気になる肌への刺激は?

ハイドロキノンといえば、効果が高いといわれている分、肌への刺激が気になるところですよね。

「ビーグレン」は、ハイドロキノンを皮膚に近い成分でコーティング(QuSome®化)したことによって、肌にやさしく効果的な成分を各層の奥まで届けることができます。

「アンプルール」では、ハイドロキノンをマイクロカプセル化したことによって、浸透パワーとスピードがコントロールできるようになり、ハイドロキノンが一気に肌に触れないため、肌への刺激も低減されています。

使い心地が気になる方や、はじめての方は現品購入の前に、それぞれのトライアルキットでのお試し使いがおすすめです。

 

シミに効くおすすめの美白化粧品がもっと見たいという方は、「おすすめの美白化粧品5選!選び方や効果的な使い方」で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。


 

シミをメイクで上手に隠すポイントまとめ

シミを上手に隠すメイク法まとめ

気になるシミ・そばかすをメイクで上手に隠すポイントを要約すると、

ファンデーションは、
クリームタイプ」か「リキッドタイプ
 

コンシーラーは、
クリームタイプ」か「スティックタイプ
 

コンシーラーの色は、
肌の色より少し暗めの色
 

薄いシミには、
ファンデーションコンシーラーファンデーションフェイスパウダー
 

濃いシミには、
ファンデーションコンシーラーコンシーラーフェイスパウダー

となります。

これらを上手に取り入れながら、ご自身に合った方法を探ってみてくださいね。