気になるシミもメイクでバッチリ!上手に隠すポイントを紹介

シミを上手に隠すメイクポイント

「シミをキレイに隠したい」

でも、コンシーラだけでシミを隠そうとすると、厚塗りになってメイクが寄れてしまったり、逆にカバー力が足りなくていつの間にかシミが目立っていた、なんてことありませんか?

シミをメイクで上手に隠すためには、コンシーラーだけじゃなく、その前後のメイクも重要になってきます。

そこで、今回はコンシーラーだけに頼らず、シミを上手に自然に隠すメイク方法を詳しく解説していきます。

ファンデーションやコンシーラーを上手に選ぶ

ファンデーションとコンシーラー

シミをしっかり隠すためには、まずファンデーション選びが重要です。

ファンデーションもコンシーラーもいろんなタイプのものがありますので、特にシミ隠しにおすすめのタイプをご紹介します。

ファンデーションはクリームタイプかリキッドタイプ

メイクでシミを上手に隠したいなら、カバー力の高いクリームタイプリキッドタイプのファンデーションがおすすめです。

クリーム、リキッドタイプのファンデーションは、保湿剤が配合されていてのびが良く、トリートメント性も高いので、肌の乾燥を防いでシミ予防にもつながります。

ファンデーションの色選びのコツ

ファンデーションの使い心地ももちろん大切ですが、なによりも重要なのは、自分の肌の色に合った色選びをすること。

ファンデーション選びで陥りがちなのが、顔色で選んでしまい、首の色が暗過ぎて顔が白浮きしてしまうというパターンです。

【ファンデーションの色選び】

NG:ファンデーションを顔色で選ぶ

OK:首と頬の境のフェイスラインで自然な肌の色を選ぶ

コンシーラーだけでシミを隠そうとするのはNG

コンシーラーだけでシミを隠そうとすると、厚塗りになって自然な仕上がりにならないだけじゃなく、化粧崩れの原因にもなってしまいます。

シミのできかたによっては、コンシーラーを多用しない方が上手に隠せる場合もあるので、後ほど詳しく解説していきますね。

コンシーラーの色選びのコツ

コンシーラーの色選び

コンシーラーは、肌の色に合わせるの?それとも、シミの色に合わせるの?そんな疑問をよく耳にします。

シミ・そばかすをカバーするうえでおすすめの色は、肌の色より少し暗めの色です。

明るい色を使うと、かえってシミが悪目立ちしてしまう場合があるので、注意してください。

【コンシーラーの色選び】

NG:明るい色

OK:肌の色より少し暗めの色、または肌と同じ色

コンシーラーの種類と選び方

コンシーラーの種類

コンシーラーの種類には、おもに、「リキッドタイプ」「クリームタイム」「スティックタイプ」「ペンシルタイプ」などがあり、それぞれにメリットデメリットがあり、カバー力にも違いがあります。

リキッドタイプ

コンシーラーリキッドタイプ

リキッドタイプは、液状で塗りやすい反面、テクスチャが緩いので、シミ・そばかすなどのカバー力はあまりありません。ただし、開いた毛穴などは上手にカバーしてくれます。

クリームタイム

コンシーラークリームタイプ

リキッドタイプよりも固く、クリーム状になっているため伸びが良く、シミ・そばかすのカバー、毛穴のカバーともに、それなりの効果が期待できます。

スティックタイプ

コンシーラースティックタイプ

リップのようになっている固形のタイプです。テクスチャが固い分、伸びはそれほど良くありませんが、シミ・そばかすなどのカバー力は高いです。

ペンシルタイプ

コンシーラーペンシルタイプ

スティックタイプよりも固く、鉛筆のようになっているタイプです。伸びは良くないですが、ピンポイントでカバーしたいシミ・そばかすに向いています。
 

◆コンシーラーの種類別の伸び&カバー力◆
コンシーラーの種類 伸びの良さ カバー力の高さ
リキッドタイプ
クリームタイム
スティックタイプ
ペンシルタイプ

 

ムラなくキレイに!ベースメイクの手順

一般的にメイクは、自己流になってしまいがちなので、アイテムを持っているにも関わらず実は使い方がよく分からない、という方が多いようです。

「コンシーラーをファンデーションの前に使用している」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、シミ・そばかすを上手に隠すベースメイクの手順は、

1.ファンデーション
2.コンシーラー
3.ファンデーション(カバー力が足りない場合)
4.フェイスパウダー

となるのです。

それぞれについて、詳しく解説していきます。

ファンデーションを塗る手順

シミ・そばかすを隠すには、クリームファンデーションまたはリキッドファンデーションがおすすめです。

指またはスポンジに適量を取り、顔全体にムラなく伸ばしていきます。

ファンデーションのつけ方は、以下の手順を参考にしてください。

ファンデーションのつけ方の手順

ファンデーションの手順
1.頬
頬からスタートします。顔の中心から外側に向かって、スーッと伸ばします。反対側も同様に。

2.顎
顎にも伸ばしていきます。

3.おでこ
おでこの中心から上外側に向かって塗り広げます。

4.目・小鼻
残ったファンデーションで目のまわりや小鼻のわきにも伸ばします。

5.鼻筋・首筋
最後に残ったファンデーションで、鼻筋、首筋にも忘れずに伸ばします。

コンシーラーを塗る手順

ファンデーションの次は、コンシーラーの出番です。

シミ・そばかすを上手に隠したい方へのおすすめは、伸びが良く扱いやすいクリームタイプや、カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーです。

コンシーラーのつけ方の手順

コンシーラーの手順
1.コンシーラーをのせる
ファンデーションが塗り終わったら、コンシーラーを指または筆に取り、シミ・そばかすにのせます。この時、シミ・そばかすの大きさより、ひとまわり大きめに塗るようにします。
2.コンシーラーをなじませる
シミ・そばかすの上にのせたコンシーラーの”周り”をトントントン…と丁寧にぼかしていきます。コンシーラーをのせた真上はほとんど触らないようにします。隠した部分をぼかしてしまうと、せっかくカバーしたシミ・そばかすが見えてきてしまうので要注意です。
3.足りない場合は再度ファンデーション
「1.ファンデーション→2.コンシーラー」が終わったところで、気になるシミ・そばかすがしっかり隠せているか確認しましょう。カバーが足りない場合は、追加で「3.ファンデーション」をその部分のみにのせます。この時も、指や筆を使ってのせ、”周り”をやさしくぼかします。

 

スティックタイプのコンシーラー

★敏感肌にも安心のオーガニックのコンシーラー

肌への負担が少ないうえに、シミなどのカバー力も高く、何度重ねてもキレイに仕上がるので、化粧直しが楽なところも嬉しいポイント。

10min ミネラルスティックファンデ
10min ミネラルスティックファンデ
厳選された自然の恵みにこだわったオーガニックコスメの「10min ミネラルスティックファンデ」は、20種類以上の天然美容成分を凝縮したモイストファンデなので、くすみや乾燥などの肌悩みにも最適です。

5,500円(税抜)

 

最後はパウダーで仕上げる

最後に、ブラシやパフでフェイスパウダーをのせます。

しっかり仕上げたいなら「パフふんわり仕上げたいなら「ブラシがおすすめです。

フェイスパウダーのつけ方の手順

フェイスパウダーの手順
コンシーラーの部分→顔全体
顔全体にのせる前に、まずコンシーラーをのせた部分に軽く抑えるようにパウダーをのせて、それから全体に塗ります。そうすることで、コンシーラーでカバーした部分が落ちにくく、全体もムラなく仕上げることができます。

★最後はパウダーで仕上げることでメイクが崩れにくくなります。
 

濃いシミのメイクポイント

先述した方法では隠せないような濃いシミ・そばかすの場合は、メイクポイントが少し変わります

濃いシミ・そばかすを隠すベースメイクの手順は、次の通りです。

1.ファンデーション
2.コンシーラー
3.コンシーラー(数回繰り返す)
4.フェイスパウダー

濃いシミへのコンシーラーのつけ方の手順

コンシーラーの手順
コンシーラーを足してぼかす
濃いシミ・そばかすの場合は、「1.ファンデーション→2.コンシーラー」の後に「3.ファンデーション」ではなく、気になるシミ・そばかすがカバーできるまで「3.コンシーラーを足してぼかす」を繰り返していきます。

コンシーラーは指 or 筆で
スティックタイプのコンシーラーの伸びを良くしたい場合は、指や筆で使用するのがおすすめです。スティックタイプは、カバー力が高い反面、伸びが良くない傾向にあります。手の甲などに取って、それから指や筆に馴染ませていくと、伸びが良く、扱いやすくなります。
 

シミを増やさないための予防法

シミ・そばかすを増やさないためにも、今あるシミを濃くしないためにも、生活習慣の見直しスキンケアでしっかり予防していきましょう。

バランスの良い食生活を心がける

野菜

栄養の偏りは肌のターンオーバーが乱れる原因になり、シミを増やしてしまうことに。炭水化物に偏らないバランスの良い食事をするためには、野菜を賢く摂ることが大切です。

中でも、シミ・そばかす予防に役立つ抗酸化物質を含む野菜に注目しましょう。

ビタミンA・C・E」は、ビタミンエースと呼ばれ、抗酸化力の強いビタミンです。

ビタミンA かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、チンゲン菜、小松菜
ビタミンC カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、れんこん、じゃがいも
ビタミンE かごちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンド

質の良い睡眠をとる

シミの原因と対策 質の良い睡眠

肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時とよくいいますが、午後10時に寝るというのは、なかなか難しい話ですよね。

そんな時は、毎日の睡眠の質を高められるように日頃の行動を見直してみましょう。

眠りの質をアップするための美肌睡眠のコツをご紹介します。

【美肌睡眠のコツ】

1.就寝時間を一定させて、体内時計を整える

2.寝る前に入浴して体温を上げると、深い睡眠へ入りやすい

3.夜8時以降はカフェイン(コーヒーや栄養ドリンクなど)を摂らない

4.寝酒は逆効果になるので控える

美白化粧品でケアする

シミには、ハイドロキノンビタミンC誘導体などの美白化粧品の有効成分が効果的です。

今あるシミをこれ以上濃くしないためにも、新しいシミをつくらせないためにも、美白化粧品は欠かせない存在です。

アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
皮膚の専門家が開発した美白化粧品「アンプルール」。

美白有効成分ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体が配合された薬用美白美容液にくわえ、安定型のハイドロキノン配合のスポット集中美容液のWケアで、顔全体のくすみやガンコなシミへの効果が期待できます。

お試し用は↓↓
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
6,500円相当が⇒1,890円(税込)

アンプルールを使った方の実際の口コミ

★良い口コミ

美白化粧品 口コミ01
  乾燥肌
【30代/女性】
お肌のくすみが飛んで、透明感ある明るいお肌になりました。
使っていると、日に日にきめ細かく、滑らかなお肌になっていくのを感じました。

 

美白化粧品 口コミ08
  混合肌
【40代/女性】
口コミなどで効果が高いと評判だったのを見て購入しました。
気になるシミの部分のみに付けていたんですが、他のどんな美白化粧品よりも本当に一番シミが薄くなりました

 

★悪い口コミ

美白化粧品 口コミ02
  混合肌
【30代/女性】
目尻まわりの小さなシミに使用しましたが、薄くなった気がしません
夏を越えても濃くならなかったことが効果なのでしょうか?
やめて濃くなったらどうしよう…今後効くのかも…と色々考えてしまいます。

 

美白化粧品 口コミ01
  敏感肌
【30代/女性】
敏感肌というのもあって、次の日に肌トラブルが…。
何度かやめては、また始めてを繰り返しましたが、赤みがでたり、ニキビがでたり…、残念です。

 

気になる肌への刺激は?

ハイドロキノンといえば、効果が高いといわれている分、肌への刺激が気になるところですよね。

「アンプルール」では、ハイドロキノンをマイクロカプセル化したことによって、浸透パワーとスピードがコントロールできるようになり、ハイドロキノンが一気に肌に触れないため、肌への刺激も低減されているそうです。

使い心地が気になる方や、はじめての方は現品購入ではなく、ラグジュアリーホワイト トライアルキットで一度お試ししてみるのがおすすめですよ。

 

シミ・そばかすを解消するセルフケアについては、以下の記事でも詳しく紹介しておりますので、是非ご覧ください。

 

シミをメイクで上手に隠すポイントまとめ

シミを上手に隠すメイク法まとめ

気になるシミ・そばかすをメイクで上手に隠すポイントを要約すると、

ファンデーションは、
クリームタイプ」か「リキッドタイプ
 

コンシーラーは、
クリームタイプ」か「スティックタイプ
 

コンシーラーの色は、
肌の色より少し暗めの色
 

薄いシミには、
ファンデーションコンシーラーファンデーションフェイスパウダー
 

濃いシミには、
ファンデーションコンシーラーコンシーラーフェイスパウダー

となります。

これらを上手に取り入れながら、ご自身に合った方法を探ってみてくださいね。