ドクターケイ【ケイカクテルVローション】がシミに効く?!口コミを検証!

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ01

ドクターズコスメと聞くと、肌に安心かつ、より高い効果があるのでは?といつも以上に期待しちゃうと思いませんか?

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、皮膚科専門医が12種類のビタミンに加え、ヒアルロン酸コラーゲンなどの美容成分を濃縮して開発した、まるで「カクテルビタミン原液」ともいえる化粧水なのだとか。

ビタミンといえば、シミに効く成分としても有名ですが、ドクターケイの「ケイカクテルVローション」も美白効果が期待できるのでしょうか?

今回は、気になる口コミとあわせて、実際の体験をレビュー&検証していきたいと思います。

ドクターケイ

良い口コミ

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ01
  普通肌
【30代/女性】
水のようなテクスチャーのローションでとても浸透が早く、しっとりするのにべたつきません。
エイジングケアに必須の保湿力は抜群
乾燥を感じることがなくなりました。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ06
  混合肌
【40代/女性】
2本目です。
これを使っていると、肌がほんのり白くなって垢抜けるような感じになるので、使い続けています。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ08
  敏感肌
【40代/女性】
正直、ちょっと高く感じますが、使用した日はお肌が元気になるので、気に入ってます。
でももったいなくて、毎日は使えません。
これを使うようになってお肌がくすみにくくなったし、部分的な肌荒れもこのところ感じていません。
毎日使用すると、もっと効果が期待できるのかもしれません。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ04
  乾燥肌
【40代/女性】
きちんと保湿ができるローションでした。
ビタミンCやヒアルロン酸、コラーゲンなどの肌に嬉しい成分がたっぷり配合されているのが購入の決め手です。
使いだしてから化粧のりがよくなり、翌朝のもっちり感は一度使いだしたら止められません。
ドクターズコスメなので、肌が不安定になりがちな時でも安心して使うことができました。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ10
  アトピー
【20代/女性】
尊敬しているコスメブロガーさんが「肌が荒れているときはこれ!」と紹介していたので気になってました。
夜に使用して、朝顔を洗うと…肌触りが、なめらかさが全然違う!さすがドクターズコスメ!!と感動しました。
あごに出来ていた吹き出物の引きも早くなって有り難いです。
やっぱり安い化粧水とは違いますね。

 

悪い口コミ

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ03
  普通肌
【30代/女性】
使用し続けると顔色が明るくなり、透明感とブライトニングを実感します。
ただ他の化粧水より浸透が良くないと感じました。
リピしたいですが、コスパはあまり良くないです。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ07
  混合肌
【20代/女性】
さっぱりめが好きな私にとっては、ベタつきが気になる化粧水でした。
保湿力が足りないという口コミをよく目にしましたが、皆さんなんでベタつかなんだろう…。
やはり、合う・合わないがあるんでしょうね。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ05
  敏感肌
【40代/女性】
敏感肌の私からすると、ビタミンC系は少し強いのかもしれません。
使っていくと、だんだん刺激は感じなくなりますが、最初は少しピリッとしました
肌がキュッと引き締まる感じがするので、毛穴に作用してるのかもしれません…。

 

ドクターケイ ケイカクテルVローション 口コミ09
  乾燥肌
【20代/女性】
思ったよりあっさりとしたタイプでした。
これだけだと保湿に不安が残るので、クリームなどの併用が必要かも。

 

口コミ・評判まとめ

良い口コミ
・保湿力が高い
・肌が白くなった
・くすみにくくなった
・肌が元気になる
・肌がもっちりする
・化粧ノリが良くなる
・肌がなめらかになる
・肌荒れの回復が早い
悪い口コミ
・肌への浸透が良くない
・保湿力がない
・少し刺激を感じた
・ベタつきが気になる
・コスパが良くない

くすみがとれて肌が白くなった」「肌がもっちりして化粧ノリが良くなった」などの高評価が目立つ一方で、「保湿力が高い」「保湿力がない」という意見は二分していました。

このへんの真相についても、自分なりに確かめていきたいと思いますが、実際にドクターケイの「ケイカクテルVローション」を試す前に、成分などについて詳しくみていきたいと思います。

ドクターケイ

どんな成分が入ってる?

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ07
<全成分>
水、DPG、グリセリン、メチルグルセス-20、1,2-ヘキサンジオール、ベタイン、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、パルミチン酸レチノール(ビタミンA)、コーン油、チアミンHCI(ビタミンB1)リボフラビン(ビタミンB2)パントテン酸Ca(ビタミンB5)ピリドキシンHCI(ビタミンB6)ビオチン(ビタミンH)シアノコバラミン(ビタミンB12)リン酸アスコルビルMg(水溶性ビタミンC誘導体)パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(両溶性ビタミンC誘導体)テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性ビタミンC誘導体)トコフェロール(ビタミンE)グルコシルヘスペリジン(ビタミンP)、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、加水分解水添デンプン、ノバラ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」の成分の中でも、特に注目したいのが12種のビタミンです。枠内のピンク文字がそれにあたります。

参考までに、表示名称の後のカッコ内にビタミンの種類を追記しています。

ひとつの化粧水の中にこれだけのビタミンが配合されているなんて驚きですよね。

もちろん、その分、より高い効果が期待できるということです。

12種のビタミンの効果

水溶性ビタミンC誘導体(VCPMg)
…肌の奥まで浸透し、シミ・そばかすや肌荒れを予防する。

油溶性ビタミンC誘導体(VCIP)
…すぐに影響する水溶性と異なり、じっくりと持続的に肌に作用していき、シミやニキビを予防する。優れた保湿力がある。

両溶性ビタミンC誘導体(APPS)
…水溶性、油溶性の性質をもち、従来のものよりも数十倍の浸透性があるといわれている新型のビタミンC誘導体。

ビタミンA・E・H
…ハリや弾力アップなど、アンチエイジング効果がある。

ビタミンB群・ビタミンP
…肌荒れを防いで調子の良い肌を保つ。

ビタミンC誘導体である「VCPMg」「VCIP」「APPS」は、それぞれでもシミ・そばかすなどへの美白効果が期待できますが、即効性のある水溶性(VCPMg)と持続性のある油溶性(VCIP)、またその両方の特性をもつ両溶性(APPS)が掛け合わさることによって相乗効果をもたらし、より高い効果を得ることができます。

 

敏感肌でも大丈夫?

敏感肌

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、専門家の監修により、肌にやさしい処方でつくられています。

・アルコールフリー
・鉱物油無添加
・人工香料不使用
・無着色

肌につけるものなので、品質にはこだわりがあります。
 

実際に使ってみました

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ02

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」を取り寄せて実際に試してみました。

【体験者】
・30代女性
・混合肌(Tゾーンはテカりやすく、目元や口元は乾燥しやすい)

※参考までに体験者の私の情報を掲載しています。

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ03
使用方法

洗顔後、手のひらまたはコットンにたっぷりとり、肌にパッティングするようにしてなじませます。

朝晩500円玉硬貨大ご使用で、約1.5ヶ月分。

使ってみた感想

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ04

「ケイカクテルVローション」を手にとってみると、まずレモングラスのようなさっぱりとした良い香りがしました。甘い匂いよりもさっぱり系の香りがタイプの私としては高評価です。

そして、さっぱりとした使い心地でありながら、使用後は適度に保湿されている感じです。ヒリヒリすることもなく、肌にしっかりなじんでいる様子でした。

保湿が足りないということは感じませんでしたし、この調子なら冬でも大丈夫そうです。テカりが気になる混合肌の私には、向いてる化粧水だと感じました。
 

期待できる効果は?

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」を実際に使用して、口コミと同様の下記の効果を感じました。

・肌がくすみにくくなった
・肌が元気になる
・肌がなめらかになる
・肌荒れの回復が早い
(ケイカクテルVローションの口コミより)

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」を使用して、シミがすぐになくなるということはありませんでしたが、ニキビの治りが早くなり、また肌が荒れにくくなりました。

肌荒れにはビタミンが良い」というイメージがありますが、やはりビタミンは肌本来のチカラを高めてくれる成分なのだと実感しました。

そのことからも、ニキビができやすい人・ニキビ跡が原因のシミに悩んでいる人におすすめの化粧水だと思います。

こんな人におすすめ

ニキビができやすい脂性肌や混合肌の人

ニキビなどの炎症が原因のシミに悩んでいる人

シミには、ニキビなどの炎症が原因の「炎症性色素沈着」というシミがあります。

「ケイカクテルVローション」は、ニキビなどの肌荒れを予防してくれることから、炎症性色素沈着というシミに対して、特に効果を発揮してくれるといえそうです。

ニキビができやすい人は、炎症性色素沈着というシミができやすいので、そういったシミの予防としてもおすすめしたい化粧水です。

美白効果
保湿効果
肌荒れ防止効果
おすすめ度 ★★★★☆

シミの種類について詳しく知りたい方は「シミの種類に合わせたケアが大事!10種類のシミの原因と対策方法」の記事で紹介していますので、是非ご覧ください。
 

どれくらいで効果がでる?

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ05

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、シミ・そばかすの予防ニキビなどの肌荒れ予防毛穴引き締めなど、肌のチカラを底上げしてくれる化粧水です。

そのため、「肌荒れがなくなった」「肌の調子が良くなった」などの効果はわりと早めに感じやすいのではないかと思います。

しかし、シミ・そばかすなどへの美白効果が出るまでには、長期間使い続けることが大切です。

目安としては、少なくとも肌が生まれ変わるターンオーバーのサイクルと同じくらいの期間が必要だと考えらます。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝や生まれ変わりのことを言い、誕生した表皮細胞は代謝活動をしながら押し上げられていき、肌表面でやがて垢となって剥がれ落ちます。

このターンオーバーのサイクルに28日~56日程度かかると言われています。

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、肌荒れを解消して、シミの元となるニキビを改善しながら、シミ対策をしたい方におすすめの化粧水です。
 

お得に購入できる通販サイトは?

Amazonで購入できる?

ドクターケイ ケイカクテルVローション アマゾン

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」はamazonでも購入することができます。(2017年5月現在)

しかし、現在、ドクターケイ公式サイトでは「ケイカクテルVローション」の増量ボトルの200mlが新発売されていますが、amazonでの取り扱いは150mlのままでした。

価格はどちらも同じ7,560円(税込)なので、ドクターケイ公式サイトがよりお得に購入できそうです。

楽天で購入できる?

ドクターケイ ケイカクテルVローション 楽天

楽天でもドクターケイの「ケイカクテルVローション」が購入できます。(2017年5月現在)

楽天では、150ml200ml増量ボトルの取り扱いもありましたので、お求めの際は気をつけて購入されてください。

公式サイトがお得!

大手通販サイトと比較したところ、ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、やはり公式サイトで購入するのが一番お得で安心のようです。

ドクターケイ ケイカクテルVローション 公式サイト

ドクターケイ公式サイトでは、増量ボトル200mlの「ケイカクテルVローション」が送料無料&7,560円(税込)で購入でき、さらに定期購入の場合は、よりお得な10%OFF価格の6,300円(税込)で購入することができます。

 

はじめての方向けのトライアルも

さらに、ドクターケイ公式サイトでは、初回限定に限り、7日間トライアルセット送料無料&1,944円(税込)でお試しすることができます。

このトライアルセットには、次回のお買い物で使える500円クーポンも付いてきます。

ドクターケイ ケイカクテルVローション トライアル

商品の使用感などをお試ししてから購入したい方には、トライアルセットがおすすめです。

 

ドクターケイはこんな人におすすめ

ドクターケイ ケイカクテルVローション イメージ06

テカりや大人ニキビが気になる混合肌の私がドクターケイの「ケイカクテルVローション」を使用した結果、特に次のような方におすすめしたい化粧水だと感じました。

大人ニキビに悩んでいる

ニキビ跡が治りにくく、シミのように残っている

乾燥もするけど脂っぽい

肌のキメが乱れている

頬の毛穴が目立つ

これらは、まさにすべて私が悩んでいることだったからです。

ドクターケイの「ケイカクテルVローション」は、シミになりやすい大人ニキビや、ニキビ跡を改善しながら、シミを予防してくれるスキンケアアイテムとして使用していきたい化粧水です。
 

ドクターケイドクターケイ