クマのタイプに合わせたコンシーラーの選び方と上手に隠すメイク術

クマを上手に隠すメイク術

目のクマを上手に隠すためには、クマのタイプに合ったコンシーラー選びが肝心です。

とはいえ、自分が気になっているクマがどんなタイプなのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、クマのタイプのチェック方法と、それぞれのクマにおすすめのコンシーラーの選び方、それをもとに厳選したおすすめのコンシーラーをご紹介します。

さらに、クマを上手に隠すメイク術まで解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

おすすめのコンシーラー5選

まずは、目のクマにおすすめのコンシーラー5選をご紹介します。

◆メイクしながらハリのある目もとへ◆
【1】POLA ミュゼル アイゾーンコンシーラー

◆塗るだけで目元のシワがピン!◆
【2】アバロー リンクルリフトスティックセラム

◆とろけるリキッドバーで悩みカバー◆
【3】マナラ BBリキッドバー

◆2カラーのパレットタイプ◆
【4】24h cosme ケアミネラルコンシーラUV

◆カラーバリエーションが豊富◆
【5】NARS ラディアントクリーミーコンシーラー

※商品名をクリックすると、該当商品へジャンプすることができます。

それぞれのコンシーラーのおすすめポイントや口コミの評価などについては、後ほど詳しく紹介していきますが、まずは目のクマのタイプやコンシーラーの選び方について、解説していきたいと思います。
 

【青・黒・茶】あなたのクマはどのタイプ?

目のクマのタイプチェック

目のクマには、おもに「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の3つのタイプがあるってご存知でしたか?

クマをコンシーラーで上手に隠すためには、まず自身のクマがどのタイプなのかを知ることが大切です。

気になっているクマがどのタイプに当てはまるのか、チェックしてみてくださいね。

【クマのチェック方法】

目の下を引っぱるとクマが薄くなる
【青クマ】

上を向くとクマが薄くなる
【黒クマ】

引っぱっても、上を向いても薄くならない
【茶クマ】

青クマ(血行不良)

目のクマ(青クマ)

目の下を引っぱると薄くなるクマ

青クマは、目の下の血液が透けて青黒く見えるものです。生まれつきのものなので、子どもの頃から見られることが多いタイプですが、加齢で皮膚が薄くなると、より目立ってきます。冷え症体質の人に多く、寝不足になると濃くなります。

目の下の皮膚を引っ張ってみると、目のクマが多少薄くなって見えます。コンシーラーを使って隠せるタイプのクマです。

黒クマ(たるみ)

目のクマ(黒クマ)

上を向くと薄くなるクマ

黒クマは、下まぶたのたるみが陰になってクマのように見えるもので、20代後半くらいから目立ってきます。

たるみは重力に影響されるため、顔を上へ向けるとクマが薄くなって見えます。鏡を持って、顔を天井の方へ向けてみて、目のクマが薄くなるかチェックしましょう。

他のクマと比べると、コンシーラーで隠すのが難しいタイプのクマですが、使用するアイテムを工夫することで、目立たないようにカバーできます。

茶クマ(色素沈着)

目のクマ(茶クマ)

引っぱっても上を向いても薄くならないクマ

茶クマは、目の下のシミやくすみが集まってクマのように見えるもので、コンシーラーを使って隠せるタイプのクマです。

色素沈着などが原因になるため、目をこするクセがある人にできやすいクマです。

目の下の皮膚を引っ張っても、上を向いても目の下のクマが薄くならない場合は茶クマの可能性が高いです。
 

コンシーラーの種類と選び方のポイント

気になる目のクマのタイプは分かりましたか?

続いては、クマをコンシーラーで上手に隠すための選び方のポイントをみていきたいと思います。

クマにはリキッドタイプが最適

目のクマにおすすめのリキッドタイプのコンシーラー

目のまわりは皮膚が薄いので、コンシーラーを無理に伸ばそうとすると、その摩擦で色素沈着をおこしてしまうことがあります。

そのため、目のクマに使用するコンシーラーは、伸びが良くてやわらかいリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

もし、スティックタイプなどのテクスチャーが固めのコンシーラーを使用する際は、筆などにとって肌をこすらないようにトントンと乗せて、馴染ませてあげると良いですよ。

コンシーラーの種類には、おもに、「リキッドタイプ」「クリームタイム」「パレットタイプ」「スティックタイプ」「ペンシルタイプ」などがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。

種類 特徴 伸び
リキッドタイプのコンシーラー
リキッドタイプ(チップ)
リップグロスのように先端がチップ状になっているタイプ。液状で塗りやすくて伸びが良く、目のクマや、開いた毛穴などを上手にカバーしてくれる。テクスチャが緩いので、濃いシミ隠しには不向き。


【おすすめ】
クマ・薄いシミ
リキッド筆タイプのコンシーラー
リキッドタイプ(筆・ブラシ)
先端が筆ペンのようになっているタイプ。伸びが良くヨレにくいため、動きのある目元や口元に向いている。


【おすすめ】
クマ・薄いシミ・ニキビ
クリームタイプのコンシーラー
クリームタイプ
リキッドタイプよりも固めだけど、クリーム状になっているため伸びが良く、目のクマ、シミ・そばかす、毛穴のカバー>など幅広く適応できる。


【おすすめ】
クマ・広範囲のシミ・そばかす
パレットタイプのコンシーラー
練り・パレットタイプ
練りタイプはキープ力が高く、中でも複数のカラーがセットになっているパレットタイプは、色を混ぜて自分の肌の色やクマやシミなどに合わせて色味が調整できる


【おすすめ】
クマ・シミ・ニキビ・ニキビ跡
スティックタイプのコンシーラー
スティックタイプ
リップのようになっている固形のタイプ。テクスチャが固い分、伸びはそれほど良くありませんが、カバー力は高い


【おすすめ】
シミ・ニキビ・ニキビ跡
ペンシルタイプのコンシーラー
ペンシルタイプ
スティックタイプよりも固く、鉛筆のようになっているタイプ。伸びが良くないので、目のクマには不向き。保湿力がないという点でも乾燥しやすい目元には×。その代わり、ピンポイントでカバーしたいシミ・そばかすには向いている。


【おすすめ】
小さいシミ・そばかす

 

目のクマに合った色選びのコツ

コンシーラーのカラー

目のクマは、それぞれのタイプに合った色のコンシーラーを使用することによって、上手にカバーすることができます。色選びのポイントをご紹介します。

青クマ 青クマ隠しのコンシーラー
補色(反対色)であるオレンジ系ピンク系のコンシーラー
黒クマ 黒クマ隠しのコンシーラー
ベージュ系オークル系パール系のコンシーラー、凹凸を埋めるタイプの化粧下地
茶クマ 茶クマ隠しのコンシーラー
地肌に近い色やイエロー系のコンシーラー

青クマにおすすめのコンシーラー

血行不良が原因の青クマには、オレンジ系ピンク系のコンシーラーがおすすめです。

オレンジは青色の補色(反対色)なので、青みがかったクマをキレイにカバーしてくれる効果があります。

補色

黒クマにおすすめのコンシーラー

たるみが原因の黒クマには、クマの凹凸をカバーしてくれるタイプの化粧下地や、「影色消し」にも有効だといわれているオレンジベージュ系、目元を明るく見せてくれるパール系が良いでしょう。

茶クマにおすすめのコンシーラー

色素沈着が原因でくすみがちな茶クマには、肌を明るくカバーしてくれるイエロー系のコンシーラーがおすすめ。肌の色沈みを健康的なスキントーンに見せてくれますよ。

保湿力のあるコンシーラーがおすすめ

保湿のイメージ

乾燥は肌のハリをなくし、シワ・シミなどの原因に繋がります。特に目元は、乾燥しやすい部分なので、しっかり保湿することが大切です。

目のクマの原因は、クマのタイプによってさまざまですが、乾燥を防ぐことによってクマの改善が期待できます。そこで、おすすめなのが美容液タイプのコンシーラーです。次の項目では、そういったタイプを含め、目のクマにおすすめなコンシーラーを紹介していきますので、是非チェックしてみてくださいね。
 

おすすめのコンシーラー5選 商品紹介

では、ここからは、目のクマにおすすめのコンシーラー5選の特徴や口コミなどを詳しくご紹介していきます。

【POLA ミュゼル アイゾーンコンシーラー】
◆メイクしながらハリのある目もとへ◆

ミュゼル アイゾーンコンシーラー

SPF20 ・ PA++
1色 オレンジ系
4,860円(税込)

【おすすめのクマタイプ】
黒クマ  青クマ

コンシーラーでは隠しにくい黒クマにもおすすめなのがPOLAの「ミュゼル アイゾーンコンシーラー」です。カバーしたい部分を光で飛ばし、明るく透明感のある目元へ仕上げてくれます。「メリッサエキス」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの美容成分が配合されているので、メイクしながらハリのある目もとへ導いてくれますよ。

使用した方の口コミ

良い口コミ
  混合肌
目元がきれいに見える
★★★★★
【50代/女性】
コンシーラーはあまり長続きしなかったのですが、これは手軽に使えて良いですね。
保湿力もあって目元がきれいに見えるので、毎日使ってます。
良い口コミ
  乾燥肌
肌をぱっと明るくしてくれる
★★★★★
【30代/女性】
発売からずっとリピし続けています。
目元のみならず、ぼんやり肝斑など、肌をぱっと明るく散らすような感じで自然にカバーしてくれます。
伸びも良く、潤いもあるので、コンシーラーにありがちなこってり感はありません。
筆ペンタイプですが、コンシーラー用の平筆で伸ばして使ってます。
切らすのはありえない!ので、常に1本ストックしてます。

 

[商品の特徴]
・美容液タイプの目もと用コンシーラー
・「メリッサエキス」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの保湿成分を配合
・紫外線防止効果 SPF20 PA++

 

【アバロー リンクルリフトスティックセラム】
◆塗るだけで目元のシワがピン!◆

アバロー リンクルリフトスティックセラム

SPF35 ・ PA+++
2色 標準 / 明るめ
通常価格7,980円⇒モニター初回特別価格 0円

【おすすめのクマタイプ】
黒クマ  茶クマ

目のシワやシミ、くすみをカバーしてくれる「アバロー リンクルリフトスティックセラム」には、リフトアップ効果があるので、コンシーラーで隠すのが難しい黒クマにも最適。

くすみが原因の茶クマも上手にカバーしてくれるうえに、目元以外のシミやシワなどにも使用できる万能アイテムです。

使用例

<黒クマに使用>

アバロー使用例 黒クマ

<茶クマに使用>

アバロー使用例 茶クマ

使用した方の口コミ

良い口コミ
  普通肌
こういうコンシーラーは初めて
★★★★☆
【30代/女性】
こういうコンシーラーって初めてです。
お肌をストレッチして、小じわを伸ばすというもので、時間がたっても剥がれません。かといって、お肌に負担がかからないし、仕上がりが自然です。
慣れるまでは、外出時につけていくのは待った方がいいかもですが、コツはすぐに掴めました。薄く伸ばす事と、絶対に擦らない事!これが大事です。
色も自然だし、美容液コンシーラーといった感じなので、塗りながら小じわにハリを持たせられます。
ニオイはないし、ペン型だからとても塗りやすいです。
良い口コミ
  混合肌
クマが目立たなくなりました
★★★★☆
【30代/女性】
これを使う様になってから、目もとのクマが目立たなくなりました。
美容液がペン先から出てきて、シリコンのスパチュラで伸ばすだけ。
使い方が慣れれば、すぐにこれが便利に感じて、手放せなくなります。
慣れるまでは、ちょっともどかしいんですけどね…。

 

[商品の特徴]
・厳選された美容液成分を配合
・塗るボトックスと呼ばれる2大成分「アルジルリン」「シンエイク」を配合
・3種のコラーゲン、3種のヒアルロン酸、エラスチンを配合
・シミに働きかける美容成分を配合

 

【マナラ BBリキッドバー】
◆とろけるリキッドバーで悩みカバー◆

マナラ BBリキッドバー

SPF35 ・ PA+++
2色 標準 / 明るめ
通常価格3,672円⇒初回限定価格2,937円(税込)

【おすすめのクマタイプ】
黒クマ  茶クマ

マナラの「BBリキッドバー」は、発売開始から一ヶ月で1万本売れた大人気コスメ。見た目はスティックタイプですが、使用感は肌の上でスルスルとろけるような感触で目のクマにも◎。まさに”リキッドバー”といったアイテムです。クマに使用する際は、厚塗りにならないように手や筆で塗るのがおすすめですよ。

嬉しい特典付き

マナラ BBリキッドバーの特典

マナラのBBリキッドバーには、スポンジ&スキンケアセットが付いてきます。スポンジはリキッドバーを顔全体に伸ばす時に重宝しますよ。

そして、商品到着後8日以内なら使用後の色交換もOK。さらに、試してみて肌に合わなかった場合や、使用感に満足できなかった場合には、商品到着後45日以内であれば全額返金も可能です。安心してお試しできるバックアップ体制が嬉しいですね。

使用例

マナラ BBリキッドバー使用画像
肌トラブルをカバーしながら、透明感やツヤをアップしてくれる仕上がりに

使用した方の口コミ

良い口コミ
  普通肌
自然にカバーされる
★★★★★
【20代/女性】
薄付きなので厚塗り感もなく、自然とシミ・毛穴がカバーされました。
肌への圧迫感もないですし、顔の赤みも抑えられています。
シミが悩みで今までコンシーラーを別に使っていましたが、BBリキッドバーならコンシーラーの役割もあるのでとっても手軽です!
良い口コミ
  乾燥肌
不思議な使用感にハマりそう
★★★★★
【30代/女性】
固そうに見えますが、塗ると少し固めのリキッドです。不思議な使用感にハマりそうです。
コンシーラーとしても使い方やすいです。
カバー力はもちろん、しっとり保湿もしてくれます。

 

[商品の特徴]
・ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体などの美白成分配合
・コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの美容液成分配合
・紫外線防止効果 SPF35 PA+++
・スポンジ&スキンケアセット付き
・色交換OK(商品到着後8日以内)
・全額返金保証(商品到着後45日以内)
・送料無料

 

【24h cosme ケアミネラルコンシーラUV】

ケアミネラルコンシーラUV

SPF40 ・ PA+++
ライトベージュ / ナチュラルベージュ
3,596円(税込)

【おすすめのクマタイプ】
茶クマ

 

【24h cosme プレミアムケアミネラルコンシーラUV】

プレミアムケアミネラルコンシーラUV

SPF40 ・ PA+++
ピンクベージュ / オレンジベージュ
4,136円(税込)

【おすすめのクマタイプ】
青クマ

肌へのやさしさにこだわった24hコスメのパレットタイプのコンシーラーは、茶クマ・ニキビ・ニキビ跡など向けの「24h cosme ケアミネラルコンシーラUV」と青クマ・濃いシミ向けの「24h cosme プレミアムケアミネラルコンシーラUV」の2種類から肌悩みに合わせて選べます。パレットタイプなので、2色を混ぜてクマや肌の色に合わせて色味の微調整できるのも嬉しいですね。

使用例

<青クマに使用>

プレミアムケアミネラルコンシーラUV使用例 青クマ
使用アイテム:プレミアムケアミネラルコンシーラUV

<ニキビに使用>

ケアミネラルコンシーラUV使用例ニキビ
使用アイテム:ケアミネラルコンシーラUV

使った方の感想

良い口コミ
  混合肌
目の下にも使いやすい
★★★★☆
【20代/女性】
私は明るい色をクマ隠しに、濃い色を鼻の下の赤み消しに使ってます!
テクスチャーは固すぎず、目の下にも使いやすいです。
朝塗って夕方には少し粉っぽくなりますが許容範囲です!
(使用アイテム:ケアミネラルコンシーラUV)
良い口コミ
  乾燥肌
これは率直に良い!
★★★★★
【30代/女性】
筆タイプのコンシーラーは初めてでしたが、これは率直に良い!
クマがキレイに隠れ、いつも午後にはヨレる目元が、半日以上メイク直しなしでキープされていたのには感動でした!
コンシーラーしてパウダーするだけで密着度が高い感じです。
長時間メイクしっぱなしの私には成分的にも安心なので、他の製品も使ってみたくなりました。
(使用アイテム:ケアミネラルコンシーラUV)

 

[商品の特徴]
・2色を混ぜて肌の色に合わせてブレンドできる
・天然由来の美容成分配合
・紫外線防止効果 SPF40 PA+++

 

【NARS ラディアントクリーミーコンシーラー】
◆カラーバリエーションが豊富◆

ラディアントクリーミーコンシーラー

8色 1241~1248
各3,672円(税込)

【おすすめのクマタイプ】
全タイプ

NARSの「ラディアントクリーミーコンシーラー」は、軽い質感でありながら、長時間まで調整可能なカバー力で肌のトーンを整えてくれます。光拡散テクノロジーで小ジワやクマの目立たない滑らかな肌に仕上げてくれますよ。

使用した方の口コミ

良い口コミ
  混合肌
肌を明るくしてくれる
★★★★☆
【40代/女性】
クマのカバー用に購入しました。
テクスチャーがやわらかすぎないので、しっかり肌にフィットしてくれます。
完璧にカバーはできませんが、自然に肌を明るくしてくれるので満足です。
乾燥しやすい目元に使っても1日しっとりしていたので、これからの季節でも安心して使えそうです!
良い口コミ
  乾燥肌
崩れない
★★★★☆
【40代/女性】
クマが気になり、口コミを見て購入しましたが、カバー力があって長時間つけていても崩れません。保湿力もあると思います。
下地、ファンデーション、コンシーラー、パウダーの順に使っています。
カラーバリエーションも豊富でおすすめです♪
[商品の特徴]
・ノンコメドジェニック処方
・リップグロスのようなチップタイプ
・紫外線防止効果 表記なし

 

コンシーラーの手順と塗り方

コンシーラー

今まであまりコンシーラーを使ったことがないという方は、コンシーラーをどのタイミングで使えば良いのかよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここで、基本的なメイクの手順をおさらいしておきましょう。

コンシーラーの手順はファンデーションのタイプで決まる!

コンシーラーを使うタイミングは、使用するファンデーションによって変わってきます。

パウダーファンデーションの場合

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションを使用する場合のベースメイクの手順は以下の通りです。

1.化粧下地
2.コンシーラー
3.パウダーファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

コンシーラーの手順02

続いて、リキッドファンデーションを使用する場合のベースメイクの手順です。

パウダーファンデーションの場合も、リキッドファンデーションの場合も、コンシーラーを使用するのは、パウダー(粉)系のベースアイテムの前と覚えておくと分かりやすいかと思います。

1.化粧下地
2.リキッドファンデーション
3.コンシーラー
4.フェイスパウダー

また、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、保湿剤が配合されていて肌の乾燥も防いでくれるので、目のクマやシミ・そばかす対策には、リキッド系がおすすめです。
 

シミを隠したい場合

シミのある女性

目のクマだけではなく、シミ・そばかすをメイクで隠したい場合は、コンシーラーの後に再度リキッドファンデーションを重ね塗りすることによって、上手に隠すことができます。

1.化粧下地
1.リキッドファンデーション
2.コンシーラー
3.リキッドファンデーション
4.フェイスパウダー

シミ・そばかすをメイクで上手に隠すポイントについては以下の記事で詳しく解説しています。

クマを上手に隠すコンシーラーの塗り方

化粧下地やリキッドファンデーションでお肌を整えた後は、コンシーラーの出番です。

目のクマを上手に隠したい方へのおすすめは、伸びが良くてやわらかいリキッドタイプクリームタイプのコンシーラーです。

コンシーラーの塗り方

目のクマ コンシーラーの手順
1.コンシーラーをのせる
コンシーラーを筆などに取り、クマが気になるところに点置きします。

※クマが広範囲の場合は、少し大きめにのせますが、目元はメイクがよれやすい部分なので多く塗り過ぎないようにしましょう。

2.コンシーラーを定着させる
肌にのせたコンシーラーをポンポンと軽くたたくように定着させます。
3.コンシーラーをなじませる
コンシーラーを薬指で左右にスライドさせるように、やさしくなじませていきます。
4.パウダーで仕上げる
仕上げにパウダーを薄く重ねましょう。摩擦でコンシーラーが落ちてしまわないように軽く抑えるようにしてのせます。

 

コンシーラーを使ったリップテクニック

リップバーム

口紅の色が想像と違った、なんて経験ありませんか?

唇にはもともとの色があるため、たとえば赤色の上に淡いピンク色を乗せても思った通りの色にならなかったりして、理想通りの発色を出すのが難しいんですよね。

そこで、役立つのがコンシーラーです。口紅を塗る前にコンシーラーで唇の色をオフすると、思い通りの色が作り出せて便利ですよ。

コンシーラーを使ったリップメイク

コンシーラーでリップメイク
1.リップクリームを塗る
コンシーラーを塗る前に、リップクリームを塗って唇の乾燥や荒れを防ぎます。
2.指でコンシーラーをのせる
コンシーラーを指に少量とり、トントントン…と、唇になじませていきます。

※コンシーラーが多過ぎると、唇が荒れる原因になったり、上にのせる口紅がキレイにのらないので、少量をしっかりと伸ばしていく感じです。

3.口紅を塗る
最後に、筆などを使って口紅を塗ります。

 

食べ物で目のクマを解消する

目のクマを悪化させないためには、睡眠をきちんと取ったり、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使しないように気を付けたりと、生活習慣を見直すことも大切です。

さらに、プラスαの解消法として、目のクマを改善してくれる効果のある食べ物を積極的に摂るのもおすすめですよ。

目のクマに効く食べ物

青クマ、黒クマ、茶クマそれぞれの原因を解消する効果のある食べ物をご紹介します。

青クマ(血行不良)
⇒血行を促進する「体を温めてくれる食べ物」「血液をサラサラにする食べ物」

黒クマ(たるみ)
⇒「美容効果の高い発酵食品」や「ポリフェノールが豊富な果物」

茶クマ(色素沈着)
⇒「美白効果のある抗酸化力の高い野菜や果物」

 

【目のクマに効く食べ物】
青クマ <体を温めてくれる食べ物>
ショウガ、レンコン、ゴボウなど

<血液をサラサラにする食べ物>
イワシ、サバ、マグロ、アジ、サンマ、カツオ、ブリなど

黒クマ <発酵食品>
納豆、味噌、ヨーグルト、キムチなど

<ポリフェノールが豊富>
バナナ、リンゴ、ブルーベリー、アサイーなど

茶クマ <野菜類>
かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、ピーマン、パプリカ、ほうれん草、トマト、カリフラワー、キャベツ、じゃがいも、レンコンなど

<果物類>
イチゴ、キウイ、ピンクグレープフルーツ、アボカドなど

その他にも、目のクマを解消する簡単セルフケアを下記の記事で詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。


 

クマのタイプとコンシーラーまとめ

コンシーラーなどのメイク道具

いかがでしたか?

目のクマを上手に隠すためのコンシーラーの選び方は、

リキッドタイプのコンシーラーがおすすめ

青クマ(血行不良)⇒オレンジ系ピンク系のコンシーラー

黒クマ(たるみ)⇒オレンジベージュ系パール系のコンシーラー、凹凸を埋めるタイプの化粧下地

茶クマ(色素沈着)⇒イエロー系のコンシーラー

といった点がポイントになります。

さらに、目のクマが上手に隠せるように、メイク術も活用してみてださいね。