シミ予防の基本|日常生活のシミの原因を見直してシミを予防する

シミの予防

シミはできてしまうと、なかなか消えないどころか、どんどん濃くなったりして、本当にやっかいなものですよね。

そのため、シミ対策で一番重要なのは、シミを予防することにあります。

そこで今回は、シミ予防の基本中の基本をおさらいし、そのうえで生活習慣の中で取り入れやすいシミ予防の方法をご紹介します。

シミの原因は?

シミの悩み

シミの原因には、さまざまなものが考えられますが、それらについて触れる前にシミができるメカニズムをみておきましょう。

シミができるメカニズム

シミは、皮膚のもっとも深層にあたる”基底層”にある「メラノサイト」で作られます。

このメラノサイトは、シミの工場のようなもので、メラノサイトによって作り出されるのがシミの元となる「メラニン色素」です。

しみとそばかすのメカニズム01

このメラノサイトは、紫外線などの刺激を受けると活性化します。

これは、黒いメラニン色素(シミ)でバリアをつくり、紫外線などの刺激から肌を守ろうとする一種の防御システムです。

しみとそばかすのメカニズム03

肌表面にあらわれたメラニン色素(シミ)は、本来ならターンオーバーとともに垢となって剥がれ落ちますが、このターンオーバーが何らかの原因で妨げられることによってシミとなって残ってしまいます。

つまり、「刺激物質」と「ターンオーバーの乱れ」がシミの原因に密接してるといえます。
 

日常生活でシミができる原因

シミの原因となるライフスタイル

シミのメカニズムが分かったところで、シミの原因となる「刺激物質」、「ターンオーバーの乱れ」について詳しくみていきましょう。

まず、メラノサイトを活性化させる刺激物質は、

【刺激物質になる要因】

日焼け(紫外線)
ニキビや外傷
間違ったスキンケア
睡眠不足
偏った食生活
過度な飲酒
喫煙
激しい運動
ストレス
経口避妊薬(ピル)の服用

などです。

続いて、ターンオーバーが乱れる要因は、

【ターンオーバーが乱れる要因】

日焼け(紫外線)
乾燥
睡眠不足
偏った食生活
就寝前の飲食・飲酒
喫煙
運動不足
冷え性
便秘
ストレス

などが挙げられます。

いかがですか?こうやって見てみると、普段の生活の中にいかにシミの原因が潜んでいるかが分かりますよね。

シミ予防で大切なのは、シミの原因を理解したうえで、これらの要因を改善していくことにあります。
 

シミ予防の基本

紫外線対策

シミ予防の基本は、なんといっても紫外線対策です。シミのメカニズムでも触れた通り、紫外線はシミをつくる大きな要因のひとつです。ここでは、紫外線対策をしっかりおこなうために重要なポイントを解説していきます。

シミ予防には紫外線対策

正しくシミ予防をおこなうために、紫外線のA波とB波の違い、紫外線対策に必須の日焼け止めの選び方について、みていきましょう。

UV-AとUV-Bの違い

みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないかと思いますが、肌に影響をおよぼす紫外線には、紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)があります。

これらの違いは、次の通りです。

紫外線UV-AとUV-Bの違い
UV-A=生活紫外線

…紫外線の約9割を占め、肌の深い部分(真皮)にまで影響をおよぼします。買い物や洗濯物干し、ガラス越しで受ける日常生活の紫外線などがこれに当たります。日焼けで皮膚を黒くする(サンタン)のは、主にUV-Aによる影響です。

UV-B=レジャー紫外線

…エネルギーが強く、主に肌の表皮にダメージを与えます。日焼けで皮膚が赤くなる(サンバーン)のはUV-Bによるもので、さらにメラニンを増加させることによって肌の黒化(サンタン)も起こします。

日焼け止めの選び方

日焼け止めなどのUVケア商品には、UV-A、UV-Bを防ぐ効果を示した「SPF」、「PA」というサンケア指数が設けられています。

これらの数値を正しく理解して、シーンに合わせた日焼け止め選びができるようにしましょう。

SPFUV-Bの防止効果を表す数値で、赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を何倍にのばせるかの目安です。

PA…「+」の数でUV-Aの防止効果を表したもので、UV-A照射後2~24時間に起こる皮膚の即時黒化を指標にしたものです。

以下に、シーン別の日焼け止めの選び方の目安をまとめました。
 

◆生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方◆
シーン別の日焼け止めの選び方

※上の画像が見づらい方は以下の表をご覧ください。

生活シーン SPF PA
日常生活(散歩、買い物など) 10~ +~
屋外での軽いスポーツ、レジャーなど 20前後 ++~
海や山でのスポーツやレジャー、炎天下での活動 30~50+ ++~++++
海外リゾートなど紫外線の強力な場所、紫外線に特別過敏な人 50~ ++++

肌タイプに合わせて選ぶ

日焼け止めを選ぶ時は、上記のような生活シーンと共に、自身の肌タイプに合ったものを選ぶようにしましょう。たとえば目安としては、何も塗らない状態で真夏の晴れた海辺では、「色白の人で約20分」、「普通肌の人で約25分」、「色黒の人で約30分」でサンバーン(赤くなる日焼け)を起こすといった違いがあります。

紫外線対策のポイント

紫外線対策のポイント

使用するシーンや自身の肌に合った日焼け止めを選ぶことができていたとしても、その効果が発揮できていなければ意味がありませんよね。

日焼け止めの効果をしっかり実感できないという方が多いようですが、その理由として、日焼け止めを正しく使用できていないことが考えられます。

日焼け止めを有効に使うためには、

・たっぷりと厚く塗る
・2~3時間おきに塗り直す

少なくともこれらのポイントが大切です。しかし、それを日常生活で毎日実行するのは至難の業ですよね。

そこで、日焼け止めだけに頼らず、日焼けを防ぐことがシミ予防にとって重要になります。

その方法は、

顔には必ずパウダーファンデーションを塗ること

普通のパウダーファンデーションは、むらなく塗れば日常生活に十分な日焼け防止の効果を発揮します。

リキッドやクリームタイプのファンデーションでも、ある程度は紫外線カットになりますが、顔料の密度から考えると、顔の紫外線対策には、パウダーファンデーションが効果的です。

★おすすめは肌にやさしくてカバー力のあるミネラルファンデーション

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
カバー力・崩れにくさに優れた肌にやさしいおすすめのミネラルファンデーションです。

特殊コーティングされたパウダーは長時間たっても崩れにくく、さらにシルクの成分で肌に潤いを与え続けてくれます。

送料無料22%OFF特別価格30日間全額返金の3大特典付↓↓
通常4,180円が⇒3,300円(税別)

もっと紫外線対策について知りたいという方は、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。


 

スキンケアを見直してシミ予防

正しいスキンケアでシミ予防

スキンケア

肌のために使用している化粧品も正しい使い方ができていなければ、その効果が半減してしまうだけでなく、逆効果にもなりかねません。

スキンケアの時に強くパッティングしたり擦ることはシミの元になる肌への刺激に、保湿不足などでの肌の乾燥はターンオーバーが乱れる原因になります。

そこで、スキンケアの基本&効果的な方法をご紹介しますので、普段のお手入れの方法を見直してみてください。

1.クレンジング

肌への負担がもっともかかるクレンジングは、摩擦刺激で肌が傷むおそれがあります。特に、肌をこすり過ぎないように注意しましょう。もちろん、すすぎの際も手でこすらないように。また、多めのクレンジング剤を使用して手早く終わらせることで肌への負担が軽減できます。

2.洗顔

洗顔よりも、肌に負担が強いのは圧倒的にクレンジングです。そのため、クレンジングは弱めにして、洗顔をしっかりおこなうのがポイント。そして洗顔でもっとも重要なのは、たっぷりの泡を使って皮脂をしっかり落とすこと。皮脂が落ち切れていないと、それが過酸化脂質に変わり、シミやそばかすの原因に繋がります。

3.化粧水

化粧水は、手で顔をやさしく包むように押さえ、全体的に少しのばしたら終了です。肌表面に多少の水気が残っていてもそのままでOK。すり込んだりすると、かえって摩擦で肌が傷むことがあるからです。

4.美容液など

美容液やクリームなども、同じように手で押さえるようにつけますが、こちらの場合は、乾燥の程度によって部分的につける量にメリハリをもたせるとより効果的です。

シミやそばかす対策として、バリア機能を保持するためにも肌を乾燥させないことが重要です。そのため、塗り終わった直後は、多少つけ過ぎたかなと思うような少しべたっとするくらいがおすすめ。オイリー肌で皮脂が気になる方は、油分が少なめの美容液を選ぶようにすると良いでしょう。
 

美白化粧品でシミ予防

普段のスキンケアの効果をアップさせたい方には、美白化粧品でのシミ予防がおすすめです。

美白化粧品とは、肌が黒くなろうとする原因であるメラニン生成を阻害する成分が多いものなので、シミができる前のシミ予防として使用するのが何よりも効果的です。

★美白効果が高いと評判の美白化粧品

アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
皮膚の専門家が開発した美白化粧品「アンプルール」。

美白有効成分ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体が配合された薬用美白美容液にくわえ、安定型のハイドロキノン配合のスポット集中美容液のWケアで、顔全体のくすみやガンコなシミへの効果が期待できます。

お試し用は↓↓
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
6,500円相当が⇒1,890円(税込)

アンプルールを使った方の口コミ

良い口コミ
  乾燥肌
透明感ある肌になりました
★★★★★
【30代/女性】
お肌のくすみが飛んで、透明感ある明るいお肌になりました。
使っていると、日に日にきめ細かく、滑らかなお肌になっていくのを感じました。

 

良い口コミ
  混合肌
他の化粧品より一番シミに効く
★★★★★
【40代/女性】
口コミなどで効果が高いと評判だったのを見て購入しました。
気になるシミの部分のみに付けていたんですが、他のどんな美白化粧品よりも本当に一番シミが薄くなりました

 

気になる肌への刺激は?

ハイドロキノンといえば、効果が高いといわれている分、肌への刺激が気になるところですよね。

「アンプルール」では、ハイドロキノンをマイクロカプセル化したことによって、浸透パワーとスピードがコントロールできるようになり、ハイドロキノンが一気に肌に触れないため、肌への刺激も低減されています。

使い心地が気になる方や、はじめての方は現品購入の前に、ラグジュアリーホワイト トライアルキットでのお試し使いがおすすめです。

 

ピーリングでターンオーバーを促す

ピーリングイメージ02

ターンオーバーの乱れを正常にする手段として、古くなった肌の角質を取り除くピーリングという方法があります。

ピーリングには、クリニックでおこなうピーリング治療と、自宅でおこなうホームピーリングとがあります。

ピーリング治療

クリニックでのピーリング治療の流れは、だいたい下記のような感じでトータル30分くらいで終了します。

【ピーリング治療の流れ】

①クレンジングでメイクを落とします。

②ピーリング剤を塗布し、刷毛やコットンなどで顔全体にピーリング剤を塗っていきます。

③数分で終了。ピーリング剤を洗い流すか拭き取るなどして除去します。

④化粧水や保湿美容液などで仕上げます。

費用は、1回1万円前後からで、2~4週間置きに、合計5~10回程度の通院が必要だといわれています。

ホームピーリング

定期的にピーリングをすることによって肌代謝が上がり、メラニン色素の沈着も防いでシミ予防につながります。

普段のスキンケアの中にホームピーリングを取り入れるのもおすすめです。

ホームピーリング化粧品の選び方

こすったり拭き取るタイプのピーリング化粧品は肌の負担になりやすいので、ホームピーリングがはじめての方には、ミルクやジェルタイプなど、洗い流すタイプのものがおすすめです。

他にも、塗りっぱなしにできる美容液タイプもあり、それらは目元の小ジワ対策やニキビ、毛穴の詰まりにも良いようです。

【ホームピーリングのやり方】

◆洗い流すタイプ
まずは週に一度くらいのペースで使用します。洗顔後のシミが気になる部分にのせて軽くマッサージしたあと、時間をおいてぬるま湯で洗い流します。ピーリングをした後は、しっかり保湿を。商品にもよりますが、通常は週に1~2回使用し、慣れてきたら頻度を上げたり、時間を長くおくようにしてみると良いでしょう。

◆美容液タイプ
塗りっぱなしにできる美容液タイプのピーリング化粧品は、毎日使用します。数ヶ月続けていくと、薄いシミやシワには改善がみられるはずです。また、ニキビができにくくなったり、ニキビ跡が薄くなったりという効果もあります。

 

★ピーリング効果のある美白化粧品

ピーリングの刺激が気になるという方は、ピーリング効果のある化粧品でシミ予防の効果が期待できるので、上手に活用してみてください。

ビーグレン[ホワイトケア プログラム]
ビーグレン ホワイトケア プログラム
ビーグレンが着目したのは、濃くなったメラニンを薄くする美白成分「ハイドロキノン」。

ビーグレン独自の浸透技術「キューソーム」が美白成分を角層の奥まで、安定期に効果的に届けることによってシミやくすみを改善してくれます。

さらに、ソフトピーリング効果のある美容液でターンオーバーを促し、肌を健やかに整えてくれます。

お試し用は↓↓
ホワイトケア トライアルセット
6,422円相当⇒1,800円(税抜)

ビーグレンを使った方の口コミ

良い口コミ
  普通肌
小さいシミが薄くなってます
★★★★★
【30代/女性】
1ヶ月の使用で、くすみが取れたせいか透明感とハリが出てきました。
2ヶ月経った頃には、肝班のような色素沈着のような小さいシミが少し薄くなってるように感じます。
大きいシミはまだ変化はないですが、小さいシミが薄くなったからか沢山あったシミの数が減っている気がします。
ハイドロキノンで赤みが出たり刺激もなかったので、これからもリピします。

 

良い口コミ
  敏感肌
顔全体がトーンアップしました
★★★★★
【20代/女性】
そばかすが気になって購入しました。
クリームの伸びが良く、美白クリームとは思えない保湿力でした。敏感肌でもしみたりすることもなかったです。
使い始めて1ヶ月程でかなり薄くなってきて、顔全体がトーンアップした感じです。リピートします。
気になる肌への刺激は?

「ビーグレン」は、ハイドロキノンを皮膚に近い成分でコーティング(QuSome®化)したことによって、肌にやさしく効果的な成分を各層の奥まで届けることができます。

使い心地が気になる方や、はじめての方は現品購入の前に、ホワイトケア トライアルセットでのお試し使いがおすすめです。

 

生活習慣を見直してシミ予防

食生活や睡眠方法など、普段の生活習慣からシミになる要因を取り除くことがシミ予防につながります。

シミ予防になる食べ物

シミ予防の食べ物 野菜

野菜

シミ・そばかす予防に役立つ抗酸化力の高いビタミン類。それらは果物に多く含まれているイメージがありますが、野菜にも豊富に含まれています。

また、ビタミン以上の抗酸化力をもつといわれているリコピンも積極的に摂りたい成分です。

炭水化物に偏らないバランスの良い食事を心がけるためにも、野菜からビタミン類を摂取するのがおすすめです。

◆ビタミン・リコピンを多く含む食べ物◆

ビタミンA かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、チンゲン菜、小松菜
ビタミンC カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、れんこん、じゃがいも
ビタミンE かぼちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンド
リコピン トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、パプリカ

 

シミ予防の食べ物 鮭

魚介類

抗酸化作用の高さが注目され、美白化粧品などにもよく配合されているアスタキサンチンという成分が魚介類に多く含まれています。

特におすすめなのは、手に入りやすく、献立にも取り入れやすい紅鮭です。

◆アスタキサンチンを多く含む食べ物◆

アスタキサンチン 鮭、イクラ、鯛、カニ、エビ

 

シミ予防の食べ物 イチゴ

果物

果物でシミ予防するなら、ビタミンCが豊富なイチゴやキウイフルーツがおすすめです。

ビタミンCといえば、レモンなどの柑橘類が真っ先に頭をよぎりますが、ビタミンCが豊富なレモンや柚子は、おもに果汁として使用されることが多く、一度に摂れる量も限られるため、思ったほど効果的ではありません。

イチゴは、中くらいのサイズのものなら5~6個食べるだけで必要なビタミンC摂取量(100㎎/日)を摂ることができるので、旬の時期には積極的に摂りたい果物のひとつです。

出典:厚生労働省ホームページ (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html
 

シミ予防の飲み物 緑茶

飲み物

シミ予防になる飲み物は、抗酸化力の高いビタミンCポリフェノールが豊富に含まれているコーヒーやお茶などです。

しかし、それらには同時にカフェインが含まれているため、飲み過ぎると睡眠の質の低下につながります。

睡眠不足はシミの原因になるなので、カフェインを含む飲み物は1日2杯くらいまでに抑えて上手に取り入れましょう。

◆ビタミンC・ポリフェノールを多く含む食べ物◆

ビタミンC 緑茶、ローズヒップティー、ハイビスカスティー
ポリフェノール コーヒー、緑茶、赤ワイン
緑茶は急須で

市販品の緑茶飲料は、手軽に摂れて便利ではありますが、ビタミンもポリフェノール量も急須で淹れた緑茶(煎茶)には叶いません。

急須で淹れた緑茶とペットボトル入り緑茶飲料を比較した場合、急須で淹れた緑茶のポリフェノール量は約1.4倍という結果に。また、1杯あたりのコストも約1/3に抑えられます。

ペットボトル入り緑茶飲料の成分に表示されているビタミンCは、酸化防止剤の一種なので注意が必要です。

出典:東京都茶協同組合 (http://www.tokyo-cha.or.jp/entry2013/20130426_1307.html

 

シミ予防の食べ物 大豆製品

すぐ食べられるものを常備

調理なしでもすぐ食べられる栄養価の高い食品は、栄養が足りていない時の献立に追加したり、小腹が空いた時の空腹しのぎとしてもシミ予防ができるので、常備しておくと便利です。

納豆、豆腐などの大豆製品
…抗酸化力の高いポリフェノール(イソフラボン)が豊富

海苔
…ビタミンAが豊富なうえに、海苔に含まれるビタミンCは熱に強く、長期保存が可能

ドライフルーツ
…ブルーベリーやクランベリーなどのベリー類はとくに抗酸化力が高い

 

シミの原因 喫煙

食品添加物やタバコはNG

メラノサイトを活性化させる刺激として紫外線の他に「活性酸素」が挙げられます。

シミのメカニズムの項目で、シミが一種の防御システムだと先述しましたが、活性酸素もまた体を守るために発生します。

体にとって悪影響のあるものが体内に入ると活性酸素が増えるため、食品添加物が含まれたものばかりの偏った食生活や喫煙もシミの原因になってしまうのです。
 

サプリメントでシミ予防

シミ予防 サプリメント

バランスの良い食生活を念頭に入れつつ、不足する部分をサプリメントで補うのも美白への近道です。

抗酸化作用の高いビタミン類のサプリメントは、摂取しやすいものの一つなので、毎日の食事で足りていないと感じている方には、おすすめですよ。

肌本来の力を底上げしてくれる美容成分配合のサプリメントも効果的です。

サプリで摂りたいおすすめの成分

・ビタミンA、C、E
・L-システイン
・プラセンタエキス
・セラミド など

美白サプリの中でも特におすすめなのが、シミへの効果・効能が認められている【医薬品】の飲み薬です。

★シミ予防におすすめの飲み薬

ロスミンローヤル[医薬品]
ロスミンローヤル
シミ・そばかすを薄くしてくれるうえに、国内唯一「小じわ」にも効くと認められている「ロスミンローヤル」は、ビタミンCをはじめとする13種類の有効成分に加え、血行や新陳代謝を整える生薬成分9種類が配合され、シミ・そばかすを予防しながら、シワになりにくい肌へと整えてくれます。

はじめての方は↓↓
初回限定キャンペーンがお得です♪
通常価格7,600円が⇒1,900円(税抜)

 

軽い運動をおこなう

くすみの原因と改善法 ウォーキング

運動は血行促進、代謝アップなどさまざまな効果があり、ダイエットだけじゃなく肌にとっても不可欠なものです。

心拍数が上がり過ぎてしまうような激しい運動は、かえってシミの元となる活性酸素を生み出す原因にもなるので、軽い運動で十分。「忙しくてできない」と思い込まずに、わずかな時間を見つけて少しずつ始めてみましょう。

週1~2回のウォーキング

5~10分のウォーキングを週に1~2度くらいなら誰にでもできるはず。大きな筋肉を動かすウォーキングは短時間でも効果抜群です。1日の代謝が上がるので、朝と夜なら、朝におこなうのがおすすめ。

睡眠の質を高める

シミの原因と対策 質の良い睡眠

肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時とよくいいますが、午後10時に寝るというのは、なかなか難しい話ですよね。

そんな時は、毎日の睡眠の質を高められるように日頃の行動を見直してみましょう。

眠りの質をアップするための美肌睡眠のコツをご紹介します。

就寝時間を一定させる

就寝時間を一定させて、体内時計を狂わせないようにします。

また、朝日の刺激で体内時計をリセットすることが大切なので、朝起きたらすぐカーテンを開けましょう。

逆に、睡眠前に明るいものを見ると脳が朝だと勘違いするので、明る過ぎる照明や、携帯電話などの液晶画面を見ることは控えます。

寝る前に入浴する

睡眠に入るときに、体温は0.5度ほど低下しますが、その下降が急速であるほど深い睡眠に入れるといわれています。

お風呂などで体を温めてから寝ると熟睡できるのはそのためです。

カフェインを控える

カフェインを含む飲み物は、1日2杯くらいまでとして、夜8時以降は摂らないようにします。

栄養ドリンクや市販の風邪薬にもカフェインが入っているものがあるので、気をつけましょう。

寝酒は逆効果

アルコールは一瞬眠気を誘いますが、体内で分解されるときに覚醒物質に変わり、睡眠の質を低下させます。眠れないという理由で毎日飲酒すると、それだけ不眠気味になるので注意が必要です。

また、アルコールを分解する際にも活性酸素が発生するため、就寝前ではなくとも過度な飲酒は要注意です。
 

シミ予防のまとめ

シミ予防

いかがでしたか?

日常生活の中にシミが予防できる方法がたくさんあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

基本的な紫外線対策の他にも、スキンケアや食べ物、運動や睡眠の方法を少し工夫するだけでもシミ予防につながります。

いつまでもシミのないキレイな肌でいるためにも、シミ予防の基本と生活習慣を見直して、できるところから普段の生活に取り入れてみてください。