ビーグレンで乾燥してしまう原因はCセラム?かゆみ・ヒリヒリ対策には…

ビーグレン 乾燥対策

浸透テクノロジーを駆使したサイエンスコスメということで、美容効果が高いことで知られる「ビーグレン」。

その反面、「乾燥しやすい」という口コミも多く寄せられているとの噂を耳にしました。

乾燥は、シミシワなどエイジングにはご法度です。

高い効果が期待できたとしても、乾燥しやすいとなると、化粧品を使いたくても足踏みしてしまいますよね。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
そこで今回は、ビーグレンで乾燥してしまった方の口コミを調査し、原因を解明します!

さらに、シミオフ編集部のメンバーが実際にビーグレンを使った体験レビューもご紹介しつつ、ビーグレンで乾燥してしまった時の対策も詳しく解説していきます^^

今回試したビーグレンの詳細はコチラです↓↓
ビーグレン 乾燥ケア

ビーグレンで乾燥してしまった方の口コミ

まずは、なぜビーグレンで乾燥してしまうのか、実際にビーグレンを使って乾燥してしまったという方の口コミを調査してみました。

悪い口コミ
  普通肌
ビックリするくらい乾燥しました
★★☆☆☆
【40代/女性】
Cセラムを使ったところ、驚くほど乾燥しました。
あれこれ乾燥対策してみましたが、どうしても改善されなかったので、私には合わないようです。
口コミでも効果が高そうだっただけにとても残念です。

 

悪い口コミ
  混合肌
乾燥のせいで小じわが…
★★★☆☆
【30代/女性】
ビーグレンは、成分が強い(?)のか、ライン使いすると肌が乾燥してしまいます。
特にCセラムは、毛穴がキュッとしまってくれるのですが、乾燥がすごくて今までなかったはずの小じわまで出てきてしまいました…。
使うとしたら、部分使いだけが良いのかなと思います。

 

悪い口コミ
  脂性肌
毎日は使えない
★★★☆☆
【30代/女性】
顎のニキビを治したくてトライアルを試してみました。
その中でもCセラムがすごく良かったので、現品購入もしました。
ただ、乾燥するので普段使いはできません
ニキビが出来た時とかにたまに使うくらいが良さそうです。

 

悪い口コミ
  乾燥肌
肌がヒリヒリしてきた
★★☆☆☆
【20代/女性】
トライアルセットにあったCセラムを使った途端ヒリヒリしてきて、その後なんだか肌がギシギシしているような気がしました。
乾燥肌が悪化しそうなのでリピなしかな。
せっかくなのでトライアルは様子を見ながら使ってみます。

 

悪い口コミ
  敏感肌
ニキビが出来なくなった=乾燥
★★★☆☆
【30代/女性】
Cセラムを使うようになってから、ニキビが出来にくくなりました!
皮脂コントロール作用があるとのことなので、乾燥はしますね。でも仕方ないのかなと。

SNSでの口コミ

残念ながら合わなかったけど…


 

ものすごく乾燥する…


 

乾燥しまくってニキビできた


 

そもそも乾燥対策のアイテムではない


 

ビーグレンで乾燥しなくなった方の口コミ

つづいては、「ビーグレンを使って乾燥しなくなった」もしくは「元から乾燥しなかった」という方の口コミを調査してみました。

良い口コミ
  普通肌
最初は乾燥したけど…
★★★★☆
【40代/女性】
最初は乾燥するな~という感じでしたが、いつの間にか気にならなくなってました。
使い続けると、毛穴が気にならなくなってきたので、続けてよかった!と思いました。
Cセラムの独特の匂いがどうしても苦手ですが、ピュアビタミンCだから仕方ないのかな~と思いながら使ってます(笑)

 

良い口コミ
  混合肌
クリームで蓋するのが大事
★★★★★
【40代/女性】
Cセラムを塗ったあとにハンドプレスをしてしっかり馴染ませています。
すると、お肌がピンとしてきておでこのシワが目立たなくなってきました。
毛穴も目立たなくなってきたし、お肌が明るくなってきたようにも思えます。
ピンとしたお肌をキープするために、Cセラムの後はクリームでしっかり蓋をしてます。そうしないと、乾燥がこわいので。

 

良い口コミ
  脂性肌
脂性肌には向いてる
★★★★☆
【30代/女性】
浸透力がすごくあって、これまで使ってきたビタミンC美容液の中では一番だと思います。
Cセラムを使い始めて、余計な皮脂が出なくなってきて、翌日の毛穴が全然違うのでもう手放せません。
逆を言うと、乾燥肌の人には向いてないのかも?

 

良い口コミ
  乾燥肌
使用量を減らすと良いかも
★★★★☆
【40代/女性】
Cセラム凄い!シミへの効果がてきめんです!!
こんなに効果を実感できるものってなかなかないので、出会えてよかった!という反面、残念なことが…。
これを塗ってると肌が乾燥しがちになります。
塗る量を減らすといいと聞いたので、減らして使ったところ乾燥はだいぶ改善されました。
ということで、たっぷり使いたのに使えないというジレンマと戦ってます。笑

 

良い口コミ
  敏感肌
ピーリング効果があるから乾燥するのかな
★★★★☆
【20代/女性】
毎日使い続けていると毛穴が目立たなくなってきました。
毛穴落ちがなくなり、化粧ノリも良い感じです。
お肌全体がなめらかになってきたせいだと思いますが、これがピーリング効果っていうやつなのかなと思います。
乾燥しやすいので、Cセラムの前後の化粧水やクリームはしっかり塗ってます。

SNSでの口コミ

乾燥すると効いてるって嬉しくなる


 

想像以上に良かったので現品購入

View this post on Instagram

. #ビーグレン が想像以上に良かった件について。 先日#ビーグレン のトライアルセットを購入❣️ 予想を超えるほど良かったので、 #クレイウォッシュ と #Cセラム は 現品購入決定🥰 #Cセラム は本当に良かったです。 塗った瞬間肌が暖かくポカポカして あっという間に肌にツヤが出て 毛穴が目立たなくなる感じ🤗♥️ トライアルセット安いし、 是非試してみてほしいです🥳♥️♥️♥️ 回し者でもなんでもないです(笑) 前撮りまであと1ヶ月。 後悔しないように頑張る!! . #花嫁美容 #ビーグレン #プレ花嫁さんと繋がりたい #2019春婚

A post shared by うりちゃん ※知り合いの方スルーしてください🤫 (@uriuri.wedding) on


 

ビタミンCは乾燥するよ

View this post on Instagram

拝啓 b.glen様 cセラムは名品なのに。 クレンジングも洗顔も なかなかのお気に入りなのに。 トライアルを使ったらカサカサになりましたって DMが、結構くるよ。 なんか悲しい。 分かるんだ。気持ちは。 ビタミンCは乾燥するよね。 私みたいな皮膚の変態は、 乾燥すると効いてるって感じて 「乾燥イェーイ」 🙌🏻🙌🏻🙌🏻🙌🏻 ってなるけど、 普通の女子は不安になるみたいだよ。 Cセラムは、乾燥するから、 ものすごい保湿して下さいって どこかに大きめに書いて欲しい🤣 . なんでこんな事言うかって cセラムへの愛故にです。. . 男の人のほとんどが女にアドバイスを求めてないって 知ってるけどこれだけは言わせて欲しかった笑 どうかこの気持ち。届きますように。 そして、トライアル使って、 アレってなった女子の不安が和らぎますように🙏🏻 . . #何度でも言うよビタミンCは乾燥します #しかし毛穴やキメや美白にcは欠かせぬ #保湿力あるアイテムとセットでね #bglen#ビーグレン#ガチで買ってますこれ#拝啓シリーズ

A post shared by skinholictokyo (@skinholictokyo) on


 

乾燥感じるから重ね付けしてる


 

乾燥してたけどつやつやになってきた


 

口コミから見えてくるメリット・デメリット

メリットとデメリット

「ビーグレンは乾燥する」という口コミはやはり一定数あるようですね。調査した口コミをまとめてみました。

× デメリット

・肌に合わなくて乾燥してしまった
・乾燥するから毎日は使えない
・乾燥肌の人には不向き
・乾燥のせいで小じわができてしまった
・効果がある分乾燥してしまう
・乾燥対策のアイテムではない

 メリット

・最初は乾燥するけど次第に気にならなくなってくる
・毛穴に引き締まって目立たなくなってくる
・ハリつやが出てくる
・シワが目立たなくなってくる
・余計な皮脂をコントロールしてくれる
・シミへの効果がある
・ピーリング効果があり、肌がなめらかになる

口コミを調査してみると、ビーグレンの中でも「Cセラム」というビタミンC美容液が特に「乾燥を感じる」という声が多いようでしたが…

そう、実はビタミンCは乾燥しやすい成分なのです。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
つまり、「ビタミンC美容液を使って乾燥してしまった」というのは、ある意味仕方のないことなんですね。

では、ここからは、Cセラムが乾燥しやすい理由について詳しくお話ししていきますね。

 

ビーグレンのCセラムが乾燥しやすい理由

ビタミンCには、過剰な皮脂を抑える作用があります。

皮脂の分泌をコントロールすることによって、毛穴が引き締まり、毛穴の開きや黒ずみを改善してくれるという嬉しい効果があります。

ビタミンCの皮脂コントロール作用
シミオフ編集者
ウサココ編集長
ニキビ対策にビタミンCが良いと言われるのは、このためですね。

しかし中には、この皮脂分泌の抑制作用によって、肌が乾燥しやすくなる方もいるようです。

つまり、ビタミンCには過剰な皮脂分泌を抑える作用があるため、そのせいで乾燥を引き起こしてしまうこともあるということです。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
とは言え、「ビタミンC=乾燥」という考えはちょっともったいないので、補足しておきますね。

ビタミンCには、皮脂分泌コントロール作用の他にも、さまざまな美容効果がありますが、その中でも注目すべきが肌のハリツヤを保つコラーゲンの生成を促進する作用です。

ビタミンCの美容効果
シミオフ編集者
ウサココ編集長
コラーゲンは、肌内部の保湿に重要な役割を担っており、肌が自ら保湿する力を高めてくれます。

つまり、ビタミンCには肌表面の保湿力はなく、保湿に対する即効性はないものの、肌本来の保湿力を高めることができる成分でもあるのです。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
特に、ビーグレンのCセラムは、「ピュアビタミンC」の美容液です。

ビーグレンCセラムのイメージ

一般的な化粧品よりもより高濃度であるため、乾燥しやすいと考えられますが、その分高い効果が期待できるでしょう。

では、「Cセラムで乾燥しないようにするためには、どうしたら良いのでしょうか?」「もし、乾燥してしまったら、どう対応したら良いのでしょうか?」

次の項目では、そのあたりを解説していきます。
 

ビーグレンのCセラムで乾燥した時の対処法と注意点

注意点

ビーグレンのCセラムで乾燥しないためには、

1.パッチテストをする
2.少しずつ使用する
3.クリームでしっかり保湿

これらのことに気をつけて使用してみてください。

1.パッチテストをする

特に乾燥肌や敏感肌の方は、高濃度のビタミンCを使用する際は、事前にパッチテストをすると安心です。

パッチテストのやり方

1. 二の腕の内側などの目立たない部分に、ハイドロキノンを塗った絆創膏(パッチテスト用のものもあります)を貼ります。

2. そのまま24時間放置した後、かゆみや赤みなどが出ていないか肌の状態をチェックします。

3. さらにもう1日貼り続けて経過を確認するとより安心です。

パッチテスト

2.少しずつ使用する

ビーグレンCセラムの使い方

実際にCセラムを使用する際は、使用量を調整しながら使い始めるのがおすすめです。

季節の変わり目や生理前など、特に肌が敏感になっている時期は、肌の様子をみながら使用量を増減しましょう。

慣れてきたら、量を増やしても良いかもしれませんね。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
最初は、少量でピリピリと感じていた方も、少しずつ量を増やしていくことによって、問題なくビタミンC美容液が使えるようになったという声も耳にします。

3.クリームでしっかり保湿する

ビーグレンCセラムの使い方

それでも、やはりビタミンCは乾燥しやすい成分なので、Cセラムの後にはクリームなどでしっかり保湿することが大切です。

お気に入りのアイテムがある方はそちらでしっかり保湿してあげてください。

ビーグレンでライン使いする場合は、保湿力とエモリエント効果の高い「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」がおすすめです。

シミオフ編集者
ウサココ編集長
Cセラム以外の部分で、しっかりとうるおい補給をしておきましょう。

 

ビーグレンの乾燥ケアを使った感想

ビーグレンの乾燥・保湿ケア トライアル

ビーグレンには、肌悩みに合わせたトライアルセットが8種類ありますが、その中に「乾燥・保湿ケア トライアルセット」というものがあります。

この中には、注目のCセラムもラインナップされていたので、今回はこちらのセットを試してみました。

トライアルセットで届いたのは、

の4点です。それぞれの使用感やテクスチャーについてレビューしていきたいと思います。

【体験者】
・30代女性
・混合肌(Tゾーンはテカりやすく、目元や口元は乾燥しやすい)
・左頬のシミが気になる
 
※参考までに体験者の情報を掲載しています。

 

①ビーグレン クレイウォッシュ(洗顔料)

ビ―グレン クレイウォッシュ
【主要成分】
モンモリロナイト, グリチルリチン酸ジカリウム, スクワラン, カミツレエキス, ヒアルロン酸
 
<全成分>
グリチルリチン酸ジカリウム, 精製水, イソノナン酸2-エチルヘキシル, ベントナイト, 1,3-ブチレングリコール, N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウム, N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液, 尿素, ソルビット液, ヒアルロン酸ナトリウム液, スクワラン, カモミラエキス, カッコンエキス, アロエエキス, クロレラエキス, グリセリン脂肪酸エステル, フェノキシエタノール
ビーグレン クレイウォッシュのレビュー01

「クレイ」には、「泥」といった意味があり、ビーグレンのクレイウォッシュはその名の通り、「泥洗顔」です。

けれど、泥といってもクリームのようにやさしいテクスチャーなので、洗い心地が気持ち良いです。

ビーグレン クレイウォッシュのレビュー02

クレイ洗顔なので、もちろん泡立ちませんが、「泡立ててみたらどうなるんだろう?」という興味本位で泡立ててみました。が、やはりほぼ泡立ちません。

クリームで顔をやさしくマッサージするように洗うのがベストな洗顔方法のようです。

クレイ(クリーム)でしっとり洗い上げるので、保湿効果が高い洗顔料だと感じました。
 

②ビーグレン QuSomeローション(化粧水)

ビ―グレン QuSomeローション
<全成分>
水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na
ビーグレン QuSomeローションのレビュー

とろみのあるしっとり系の化粧水なので、乾燥肌の人や冬場の乾燥がひどい時にも最適です。

逆に、脂性肌の人にとっては、夏場は重く感じるかもしれません。
 

③ビーグレン Cセラム(美容液)

ビ―グレン Cセラム
<全成分>
PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7
ビーグレン Cセラムのレビュー

こちらが問題の「Cセラム」です。

テクスチャーは思っていたよりもサラサラしていますが、塗り広げるとオイルのようにテカテカする感じがあり、さらに温感効果もあるので、好き嫌いが分かれるかもしれません。

ただ、肌に良いビタミンCを塗ってる!という実感があるので、個人的にはやはり重要(推し)アイテムです。
 

④ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

ビ―グレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム
<全成分>
水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K
ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリームのレビュー01
ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリームのレビュー02

濃厚な感じのクリームで保湿力高めです。その分、伸びはそこまで良くないかも?

ただ、肌なじみが良いので、しっとりするのにベタつかない使用感が好印象でした。
 

「ビーグレンは乾燥する」という口コミは本当?

混合肌の私としては、ほとんど乾燥することなく、むしろどちらかと言えばしっかり保湿効果を感じながら1週間使用できました。

ただ、それは乾燥しやすいと言われるビタミンC配合の「Cセラム」を単体使いせず、ビーグレンをライン使いしたからかもしれません。

今回のトライアルセットに含まれていた化粧水やクリーム、さらには洗顔料でさえも、保湿効果がしっかり感じられるものだったので、ビタミンCによる乾燥を感じることなく、効果的に使用できたのだと思います。

やはり化粧品のライン使いは、相乗効果などを考えて作られているのだなと改めて感じました。

美白効果
ハリアップ効果
保湿効果
おすすめ度 ★★★★★

 

楽天で買える?お得に購入する方法は?

お得な購入方法

ビーグレンはどこで購入するのが一番お得なのでしょうか?

お得に、かつ安心して購入できる方法を調べてみました。

トライアルセットがおすすめ

ビーグレンには、肌悩みに合わせて8タイプのトライアルセットがありますが、これらがすべて本製品の換算価格(3,972~7,088円)よりもお得な1,944円(税込)&送料無料でお試しすることができます。

ホワイトケア 毛穴ケア たるみ・ほうれい線ケア ニキビ跡ケア ニキビケア 目元ケア 乾燥・保湿ケア エイジングケア
イメージ ビ―グレン ホワイトケア トライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビーグレンの毛穴ケア トライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビーグレン たるみ・ほうれい線ケアのトライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビーグレンのニキビ跡ケア トライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビーグレンのニキビケア トライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビ―グレンの目元ケア トライアルセット
⇒体験レビューを見る
ビーグレンの乾燥・保湿ケア トライアルセット ビーグレンのエイジングケア トライアルセット
内容
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・QuSomeホワイトクリーム1.9
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーゲルクリーム
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・QuSomeリフト
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・クレイウォッシュ
・クレイローション
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーゲルクリーム
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・トータルリペア アイセラム
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
・クレイウォッシュ
・QuSomeローション
・Cセラム
・QuSomeレチノA
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム
悩み
・シミ
・そばかす
・肝斑
・色素沈着
・乾燥
・毛穴
・開き
・黒ずみ
・テカリ
・角栓
・たるみ
・ほうれい線
・たるみ毛穴
・くすみ
・二重顎、小顔
・ニキビ跡
・敏感肌
・凹凸
・赤み
・ニキビ
・大人ニキビ
・赤、白ニキビ
・炎症
・敏感肌
・目尻、まぶた
・小じわ
・くま
・たるみ
・乾燥
・乾燥
・しわ
・うるおい不足
・敏感肌
・ごわつき
・額、眉間
・しわ
・ハリ
価格
(税抜)
6,422円⇒1,800円
4,189円⇒1,800円
5,588円⇒1,800円
4,422円⇒1,800円
3,972円⇒1,800円
7,088円⇒1,800円
4,422円⇒1,800円
6,422円⇒1,800円

 

肌に合うかどうかなど、使い心地を確認するためにも、まずはトライアルセットから試してみるのがおすすめです。

ビーグレンの安心の返金保証

さらに、このトライアルセットには、驚くことに365日の返金保証があります。

ビーグレン 返金保証

ビーグレンは、ご注文日から365日間の返品・返金保証をいたしております。初めてお試しいただく商品が肌に合わない場合や、万一満足ができない場合には、お気軽にご返品いただけるように、この制度を設けました。初めての製品も安心してお試しください。
bglen.net

万が一、肌に合わなかった時や効果に満足できない場合は、使用後でも商品の返品が可能なので、安心してお試ししやすいですよ。

ビーグレンの価格比較

ということで、楽天、Amazon、公式通販サイトにて、ビーグレンのトライアルセットの価格や内容を比較してみました。

公式サイト 楽天 Amazon
価格 1,944円 取り扱いなし 3,800~10,000円
送料 無料 無料
回数縛り なし なし
返金保証 あり
(365日返金保証)
あり
(商品到着後30日以内)

※すべて税込価格です。

公式サイトでは、トライアルセットの価格が一律1,944円であるのに対して、Amazonでは最安値で3,800円でした。

中には、10,000円での出品もあり、本来の正規の換算価格よりも高くなっているため、Amazonの利用はおすすめできません

楽天市場では取り扱い自体がありませんでした。(2019年3月現在)

また、先述したトライアルセットの一覧表を見ていただくと分かるように、トライアルセットは1,944円の一律価格となっていますが、「乾燥・保湿ケアセット」は、アイテムが4点(基本セット)のみとなっています。

他のトライアルセットにはアイテム数が5点のものもあるので、せっかく使うならそちらが良さそうです。

中でも、普段から乾燥が気になっている方には(顔の部位的に目元や口元が乾燥しやすいと言われているので)「目元ケアセット」や「たるみ・ほうれい線ケアセット」がおすすめですよ。

 

ビーグレンのCセラムで乾燥しないために

ビーグレン 乾燥対策

ビーグレンで乾燥した方の口コミをもとに、乾燥の原因や対策などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

これまでの内容をまとめると…

Cセラム(ビタミンC)は乾燥しやすいもの

乾燥肌や敏感肌の人は事前にパッチテストをすると安心

塗る量を調整しながら使用すると肌が慣れやすい

Cセラム以外のアイテムで保湿することが大切

逆に脂性肌の人にはCセラムがおすすめ

ビーグレンで乾燥しないためには、Cセラムの特徴を知ったうえで注意しながら使用することが大切です。

Cセラムが期待のアイテムだということは間違いなさそうなので、上手に使いこなしていきたいですね。
 

ビーグレン 乾燥ケア
ビーグレンの公式サイトはこちら