シミの原因から対策方法をチェック!シミに効果的なスキンケア法

シミの原因 紫外線

シミの原因といえば、「紫外線」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

シミができるメカニズムとしては、シミの原因は紫外線でほぼ正解ですが、そのシミが消えずに残ってしまう原因にはいろんな理由が考えられます。

だからこそシミの原因を知り、普段の生活やスキンケア法を見直すことがシミ対策では重要なことなのです。

そこで今回は、シミの原因を見直すことで見えてくるシミの対策方法をしっかりチェックしていきたいと思います。

シミのメカニズム

シミは、皮膚のもっとも深層にあたる”基底層”にある「メラノサイト」で作られます。

「メラノサイト」によって作り出されるのがシミの元となる「メラニン色素」です。

しみとそばかすのメカニズム01

いわゆる”メラニン色素の工場”である「メラノサイト」は、紫外線などの刺激を受けると活性化します。

これは、黒いメラニン色素(シミ)で紫外線などの刺激から肌を守ろうとする一種の防御システムです。

しみとそばかすのメカニズム03

そして、この「メラニン色素」が肌表面にあらわれたものがシミです。

肌表面にあらわれたメラニン色素(シミ)は、本来ならターンオーバーとともに垢となって剥がれ落ちますが、このターンオーバーが何らかの原因で妨げられることによってシミとなって残ってしまうのです。
 

シミの原因をチェック

日常生活の中には、いたるところにシミの原因がひそんでいます。

シミの原因として考えられるものを下記にまとめているので、思い当たることがないかチェックしてみてくださいね。

該当する項目が多いところで、⇒の先をクリックすると、ページ内の対策方法に飛ぶことができます。

紫外線対策をほとんどしてこなかった
日焼け跡が消えずに残っている
過去に海水浴などで急激に日焼けをしたことがある
屋外スポーツや屋外作業を頻繁にしていた
 
  ⇒1.日焼け(紫外線)が原因のシミへ
ニキビができやすく、ニキビ跡が残りやすい
アトピーができやすく、治りにくい
毛抜きや脱毛をした部分や虫さされが傷痕になっている
スキンケアの時に強くパッティングしたり擦ったりする
 
  ⇒2.ニキビ跡や傷痕が原因のシミへ
妊娠中または出産の経験がある
経口避妊薬(ピル)を服用している
更年期になって肌が荒れやすくなった
ストレスが多い
 
  ⇒3.ホルモンバランスが原因のシミへ
加齢とともに肌トラブルが増えた
シワができやすくなった
睡眠不足である
食事のバランスが悪い
 
  ⇒4.肌老化が原因のシミへ
子どもの頃からそばかすがある
家族にもそばかすがある人がいる
肌の色が白い方である
敏感肌である
 
  ⇒5.遺伝が原因のシミへ

チェックした項目が複数にまたがる場合は、シミの原因が複合的になっているので、どちらの対策方法も確認してみてください。
 

1.日焼け(紫外線)が原因のシミ対策

繰り返し紫外線を受けたことによって、シミの工場であるメラノサイトが活発化してメラニン色素を大量に作り出します。

メラノサイトの数も増え、さらには肌表面の角質層が厚くなっていき、ターンオーバーが妨げられることによってシミができていきます。

紫外線対策

シミの原因と対策 紫外線対策

日焼け止めを有効に使うためには、とにかく厚く塗る2時間おきに塗り直す。それが確実にできればよいのですが、日常生活で毎日実行するのは至難の業です。

日焼け止めだけに頼らず、日焼けを防ぐ方法は、顔には必ずパウダーファンデーションを塗ること。

普通のパウダーファンデーションは、むらなく塗れば日常生活に十分な日焼け防止を発揮します。

リキッドやクリームタイプのファンデーションでもある程度は紫外線カットになりますが、顔料の密度から考えると、顔の紫外線対策には、パウダーファンデーションがおすすめです。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション
カバー力・崩れにくさに優れた肌にやさしいおすすめのミネラルファンデーションです。

特殊コーティングされたパウダーは長時間たっても崩れにくく、さらにシルクの成分で肌に潤いを与え続けてくれます。

送料無料22%OFF特別価格30日間全額返金の3大特典付↓↓
通常4,180円が⇒3,300円(税別)

美白化粧品でケアする

紫外線が原因でできてしまったシミに関しては、初期の薄いシミに対して、ハイドロキノンビタミンC誘導体などの美白化粧品の有効成分が効果的です。

シミの輪郭がはっきりしてきたものには、レーザー治療などの皮膚科での治療が有効ですが、ケアをしなければ新しいシミができてしてしまう可能性が高いので、予防という点からも美白化粧品は欠かせない存在です。

アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
皮膚の専門家が開発した美白化粧品「アンプルール」。

美白有効成分ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体が配合された薬用美白美容液にくわえ、安定型のハイドロキノン配合のスポット集中美容液のWケアで、顔全体のくすみやガンコなシミへの効果が期待できます。

お試し用は↓↓
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
6,500円相当が⇒1,890円(税込)

 

2.ニキビ跡や傷痕が原因のシミ対策

ニキビやアトピー、虫さされなどの炎症がひどい場合は、周辺の皮膚組織が損傷してしまい、傷痕として色素沈着してシミになります。

また、スキンケアの時に強くパッティングしたり擦ったりする場合も、刺激や摩擦などで肌を傷めてしまい、シミの原因となるので注意が必要です。

ピーリングで古い角質をはがす

シミの原因と対策 ピーリング01

ニキビ跡や傷痕が原因の色素沈着によるシミには、ピーリングの反応がもっともよく、早く薄くできて効果的です。

ピーリングには、クリニックでおこなうピーリング治療と、自宅でおこなうホームピーリングとがありますが、ここでは美容外科でのピーリング治療について触れていきたいと思います。ホームピーリングについては、後の「4.肌老化が原因のシミ対策」の項目で説明しています。

クリニックでのピーリング治療の流れは、だいたい下記のような感じでトータル30分くらいで終了します。

【ピーリング治療の流れ】

①クレンジングでメイクを落とします。

②ピーリング剤を塗布し、刷毛やコットンなどで顔全体にピーリング剤を塗っていきます。

③数分で終了。ピーリング剤を洗い流すか拭き取るなどして除去します。

④化粧水や保湿美容液などで仕上げます。

費用は、1回1万円前後からで、2~4週間置きに、合計5~10回程度の通院が必要だといわれています。

定期的にピーリングをすることによって古い角質がはがれて肌代謝が上がり、メラニン色素の沈着も防いでシミ予防にもなります。

ピーリングは大人ニキビだけに有効

ニキビやニキビ跡のシミに効果的なピーリングですが、これは大人ニキビのみに有効です。

大人ニキビは、肌のターンオーバーのサイクルが崩れて厚くなった角質層がうまくはがれずに毛穴をふさいでしまうことが最大の原因なので、ピーリングで肌表面の角質を除去することによって改善が期待できます。

一方、思春期ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうことが主な原因であるため、いわゆる「皮をむく」という行為は必要ありません。

それだけでなく、肌の再生が自然におこなわれている若い頃からピーリングをおこなうと、本来なら剥く必要のない角質を削り取ってしまうことになり、肌にダメージを与えたり、ニキビが再発してしまうおそれもあります。

ニキビ跡のシミにレーザーは向かない

レーザーは軽い火傷なので、その火傷痕がシミになることがあります。

つまり、レーザー治療にはニキビ跡のシミと同じ炎症性色素沈着のリスクがあるのです。

ただし、一般的には数ヶ月で消えていくことが多く、ピーリングなどのアフターケアでも薄くすることができます。

今ある濃いシミをいったん別のシミに置き換えてから、シミを消していくようなイメージです。

そのため、炎症性色素沈着にはレーザー治療は向いていない、もしくは不必要です。

美白化粧品でケアする

ピーリングの刺激が気になるという方は、ピーリング効果のある化粧品を使うことによってもシミ対策の効果が期待できるので、上手に活用していきましょう。

ビーグレン[ホワイトケア プログラム]
ビーグレン ホワイトケア プログラム
ビーグレンが着目したのは、濃くなったメラニンを薄くする美白成分「ハイドロキノン」。

ビーグレン独自の浸透技術「キューソーム」が美白成分を角層の奥まで、安定期に効果的に届けることによってシミやくすみを改善してくれます。

さらに、ソフトピーリング効果のある美容液でターンオーバーを促し、肌を健やかに整えてくれます。

お試し用は↓↓
ホワイトケア トライアルセット
6,924円相当⇒1,944円(税込)

スキンケア法を見直す

シミの原因と対策 スキンケア方法

肌のために使用している化粧品も正しい使い方ができていなければ、その効果が半減してしまうだけでなく、逆効果にもなりかねません。

スキンケアの基本&効果的な方法をご紹介しますので、普段のお手入れの方法を見直してみてください。

1.クレンジング

クレンジングの際の摩擦刺激で肌が傷むおそれがあるので、肌をこすり過ぎないように注意しましょう。すすぎの際も手でこすらないように。

多めのクレンジングを使って手早く終わらせることで肌への負担が軽減できます。

2.洗顔

クレンジングと洗顔では、肌に負担が強いのは圧倒的にクレンジングです。クレンジングは弱めにして、洗顔をしっかりおこなうようにしましょう。

洗顔でもっとも重要なのは皮脂をしっかり落とすこと。皮脂が残ってしまうと過酸化脂質に変わり、シミやそばかすの原因になります。

3.化粧水

化粧水は、洗顔後の肌に手でやさしく押さえるようにつけます。両手で包むように押さえた後、全体的に少しのばしたら終了です。

肌表面に水気が残っていてもそのままでOKです。すり込んだりすると、摩擦で肌が傷むことがあるからです。

4.保湿美容液など

保湿美容液などは、手で押さえるようにつけますが、顔全体に同じように塗るのではなく、乾燥の程度によって部分的にメリハリをつけるとより効果的です。

シミやそばかす対策には、肌を乾燥させないことが重要なので、塗った直後は少しつけ過ぎたかなと思うような少しべたっとするくらいがよいでしょう。

オイリー肌で皮脂が気になる方は、油分が少なめの保湿美容液を選ぶようにしましょう。
 

3.ホルモンバランスが原因のシミ対策

妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用中、更年期などは、女性ホルモンのバランスが乱れるため、その影響で肝班というシミができやすくなります。

また、強いストレスを受けることでもホルモンバランスが崩れるため、同様のことが考えられます。

肝斑の原因になる黄体ホルモン

女性ホルモンには、排卵期までに分泌が高まる卵胞ホルモンと、排卵期以降に分泌が高まる黄体ホルモンの2種類があります。

その中の黄体ホルモンには、メラニン色素を増やす働きがあるといわれているため、生理前にあたる排卵期以降にはシミができやすくなります。

妊娠やピルの服用、更年期などでは、これらの女性ホルモンが通常とは違うバランスになるため、肝班ができやすくなるといわれています。

トラネキサム酸で治療する

肝班の治療には、メラニンの生成を抑制する作用のあるトラネキサム酸が効果があるといわれており、トラネキサム酸を使用した飲み薬を数ヶ月服用することでシミが薄くなることもあります。

トランシーノⅡ
トランシーノⅡ
トランシーノⅡは、肝斑に効くことが認められた医薬品です。

有効成分として配合されたトラネキサム酸が肝斑の原因であるメラノサイトをブロックし、色素沈着を抑えてくれます。

8週間の継続服用で高い効果が認められています。

60錠(2週間分)1,800円(税抜)
120錠(1ヶ月分)3,400円(税抜)
240錠(2ヶ月分)6,300円(税抜)

ただし、トラネキサム酸は肝班以外のシミにはあまり有効とはいえず、肝班に関してもすべての人に効くわけではありません。

レーザー治療は、肝班の症状が悪化することもあるため、注意が必要です。

美白化粧品でケアする

ホルモンバランスが原因の肝班には、ハイドロキノンなどを配合した美白化粧品での対策が有効です。さらにピーリングビタミンCイオン導入を併用するとより効果的です。

アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
アンプルール[ラグジュアリーホワイトシリーズ]
皮膚の専門家が開発した美白化粧品「アンプルール」。

美白有効成分ハイドロキノン誘導体ビタミンC誘導体が配合された薬用美白美容液にくわえ、安定型のハイドロキノン配合のスポット集中美容液のWケアで、顔全体のくすみやガンコなシミへの効果が期待できます。

お試し用は↓↓
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
6,500円相当が⇒1,890円(税込)

ながら運動を取り入れる

シミの原因と対策 ストレス解消

運動をすると成長ホルモンの分泌が高まって肌代謝が上がり、さらには精神が安定してイライラや不眠、ストレスが解消されます。

運動というと、スポーツジムなどを思い浮かべて尻込みしてしまいがちですが、通勤などで少しウォーキングを取り入れてみるだけでも、肌や体の調子はぐんと変わってきます。

電車では極力立つように心がけたり、デスクワークをしながら太ももを真っすぐ伸ばしてみたり、離れた場所にある物を取る時に体をひねることを意識するなど、ながら運動を取り入れるのも美肌を手に入れるコツです。
 

4.肌老化が原因のシミ対策

肌のターンオーバーは、老化とともに遅くなります。そのため、年齢が上がると傷口やニキビが治りにくくなったり、シミが残りやすくなります。

また、睡眠中にさまざまな代謝や修復がおこなわれるため、寝不足になるとターンオーバーが不十分になってしまいます。

栄養の偏りもターンオーバーが乱れる原因です。加齢だけに関わらず、不規則な生活でも肌老化が考えられます。

ピーリングで肌代謝を上げる

シミの原因と対策 ピーリング02

ターンオーバーを低下させないために、ピーリングで角質ケアをおこなうとターンオーバーのサイクルが早まり、皮膚を若返らせることができます。

角質をとりすぎない程度に適度にピーリングをすることによって、古い角質がはがれて肌代謝が上がり、シミの予防にもつながります。

普段のスキンケアの中にホームピーリングを取り入れるのもおすすめです。

ホームピーリング化粧品の選び方

こすったり拭き取るタイプのピーリング化粧品は肌の負担になりやすいので、ホームピーリングがはじめての方には、ミルクやジェルタイプなど、洗い流すタイプのものがおすすめです。

他にも、塗りっぱなしにできる美容液タイプもあり、それらは目元の小ジワ対策やニキビ、毛穴の詰まりにも良いようです。

【ホームピーリングのやり方】

◆洗い流すタイプ
まずは週に一度くらいのペースで使用します。洗顔後のシミが気になる部分にのせて軽くマッサージしたあと、時間をおいてぬるま湯で洗い流します。ピーリングをした後は、しっかり保湿を。商品にもよりますが、通常は週に1~2回使用し、慣れてきたら頻度を上げたり、時間を長くおくようにしてみると良いでしょう。

◆美容液タイプ
塗りっぱなしにできる美容液タイプのピーリング化粧品は、毎日使用します。数ヶ月続けていくと、薄いシミやシワには改善がみられるはずです。また、ニキビができにくくなったり、ニキビ跡が薄くなったりという効果もあります。

美白化粧品でケアする

美白化粧品でケアする場合は、シミ対策に効果的なハイドロキノンなどの美白成分が配合されているものはもちろん、ターンオーバーを早めてくれるピーリング効果のあるものを選ぶとより効果的です。

ビーグレン[ホワイトケア プログラム]
ビーグレン ホワイトケア プログラム
ビーグレンが着目したのは、濃くなったメラニンを薄くする美白成分「ハイドロキノン」。

ビーグレン独自の浸透技術「キューソーム」が美白成分を角層の奥まで、安定期に効果的に届けることによってシミやくすみを改善してくれます。

さらに、ソフトピーリング効果のある美容液でターンオーバーを促し、肌を健やかに整えてくれます。

お試し用は↓↓
ホワイトケア トライアルセット
6,924円相当⇒1,944円(税込)

バランスの良い食生活を心がける

シミの原因と対策 バランスの良い食生活

炭水化物に偏らないバランスの良い食事をするためには、野菜を賢く摂ることが大事です。

中でも、シミ・そばかす予防に役立つ抗酸化物質を含む野菜に注目しましょう。

「ビタミンA・C・E」は、ビタミンエースと呼ばれ、抗酸化力の強いビタミンです。

ビタミンA かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、チンゲン菜、小松菜
ビタミンC カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ、ブロッコリー、れんこん、じゃがいも
ビタミンE かごちゃ、アボカド、モロヘイヤ、アーモンド

質の良い睡眠をとる

シミの原因と対策 質の良い睡眠

肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時とよくいいますが、午後10時に寝るというのは、なかなか難しい話ですよね。

そんな時は、毎日の睡眠の質を高められるように日頃の行動を見直してみましょう。

眠りの質をアップするための美肌睡眠のコツをご紹介します。

就寝時間を一定させる

就寝時間を一定させて、体内時計を狂わせないようにします。

また、朝日の刺激で体内時計をリセットすることが大切なので、朝起きたらすぐカーテンを開けましょう。

逆に、睡眠前に明るいものを見ると脳が朝だと勘違いするので、明る過ぎる照明や、携帯電話などの液晶画面を見ることは控えます。

寝る前に入浴する

睡眠に入るときに、体温は0.5度ほど低下しますが、その下降が急速であるほど深い睡眠に入れるといわれています。

お風呂などで体を温めてから寝ると熟睡できるのはそのためです。

カフェインを控える

カフェインを含む飲み物は、1日2杯くらいまでとして、夜8時以降は摂らないようにします。

栄養ドリンクや市販の風邪薬にもカフェインが入っているものがあるので、気をつけましょう。

寝酒は逆効果

アルコールは一瞬眠気を誘いますが、体内で分解されるときに覚醒物質に変わり、睡眠の質を低下させます。

眠れないという理由で毎日飲酒すると、それだけ不眠気味になるので注意が必要です。
 

5.遺伝が原因のシミ対策

シミの中でも遺伝性によるものを、そばかす、または雀卵斑(じゃくらんはん)といいます。

そばかすは色白に人に多く、10代頃に発生する人が多いようですが、早い人では5歳頃からでき始めるといわれています。

レーザー治療

シミの原因と対策 レーザー治療

そばかすには、レーザー治療が有効ですが、再発の可能性もあるので注意が必要です。レーザー治療をする場合は、いきなりたくさんのシミにレーザーをかけるのではなく、数か所試してみてすぐに再発してこないか確認してからの方がよいでしょう。

レーザーに比べて、広範囲に照射ができるフォトフェイシャルといわれるIPL光治療の方が、頬全体に散らばったようにできるそばかすには、効率的だともいわれています。

美白化粧品でケアする

そばかすには、構造上は美白化粧品が有効ですが、遺伝的要素があるため、必ずしも効果があるとは言い切れないようです。

しかし、そばかすは紫外線の影響で濃くなるため、美白ケアは欠かせません。

また、そばかすの方の中には、光線過敏という日光アレルギーを併発しているケースもあります。そうした敏感肌の方は、特に日頃の紫外線対策が重要です。

美白ケアには、敏感肌の方も安心して使える美白化粧品がおすすめです。

ディセンシア サエルシリーズ
ディセンシア サエルシリーズ
敏感肌ケアと美白ケアをひとつにしたポーラ×オルビスグループのサエルシリーズ。

ディセンシアの特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が肌表面を外部刺激から守り、ビタミンC誘導体で黒くなったメラニンを還元してくれます。

さらに、美白有効成分アルブチンがシミの原因であるメラニンの生成を抑制し、メラニンを作らせない&メラニンを黒くしない肌へ導いてくれます。

お試し用は↓↓
サエル トライアルセット
通常価格2,160円が⇒1,480円(税込)

 

シミの原因&対策方法まとめ

シミの原因と対策 まとめ

シミの原因と対策方法をご紹介してきましたが、思い当たるものが複数あったという方も多かったのではないでしょうか。

実際にはこれらの原因がいくつも重なり合っていることがほとんどで、いろんな要因からシミができていると考えられます。

しかし、どの場合においてもスキンケアや生活を見直して肌代謝を高めることが重要です。

できるところから、どんどん取り入れていってみてください。